メディセレ講師陣の「たしなみ」について

こんには。
川上絢美です。
国家試験が終了し、少し時間ができましたので最近はおピアノの練習に時間をかけることができます。
(どうもそれが家族には迷惑のようです。)
おピアノを弾いていると「生まれて初めてのレッスン」を思い出します。

先生「川上さん、このドはどこかわかりますか?」
c0144883_1183598.jpg

川上「はい。ここです。」
c0144883_1111097.jpg


基本すぎ!

このような先生とのやりとりから始まったことを考えると、
私もかなり成長したもんです。

最近は、勉強法ではなく、音楽について書くことが多いですね。
つい、春は勉強よりも音楽に心が動きます。
実は、メディセレスクール講師陣は、(意外にも)楽器をたしなむ講師が多いのです。

児島しゃっちょう:トランペット、ピアノ、お琴
倉元涼講師:ピアノ
横田講師:ピアノ
園部講師:ギター(かなりの腕前の様です)、ドラム(ただし、挫折)
安冨講師:ギター(最も意外な「たしなみ」)

いつもは私自身について書くことが多いのですが、今回はメディセレ講師陣の音楽性について書こうと思います。
なんと言いましても、メディセレには「おピアノ経験者」が多いですね。
ピアノはいわゆる「習い事」の王道ですから…。

横田君のピアノの技術は意外なところで生きています。
その名も
ピアノ連打!
パソコンでの連続した単純な処理を、彼はこの技術で、超高速に行っておりました。
さすが、ゲーマー!

※ピアノ連打とは、ピアノ打ち・ピアノ連射とも言われ、1つのボタンを人差し指と中指を使って交互に連打する事。ゲーム愛好家が使用する連打テクニックのひとつ。数ある連打法の中でも一番疲れにくく、連打しながらでもゲームに集中しやすいうえ、連射の調節も可能とされる高度な技術。ピアノ連打はかなりの慣れとテクニックが必要なので達人は少ないとされています。

ちなみに、私も横田君の指導のもと、パソコンのキーボードを使用し、ピアノ連打に挑戦しましたが、うまく指が持ち上がらず、横田君の「超高速処理」には全くかないませんでした。(別に悔しくもありませんでしたが…)

そして、しゃっちょうですが、しゃっちょうのピアノはかなりの腕前でございます。
一時期はピアニストを目指すかどうか、迷ったほど。
(しゃっちょうは「薬学」を選んで良かったと思います。ピアニストも悪くはありませんが。)
一度、私がしゃっちょうに
「ぜひ、何か一曲弾いてください!」
とお願いを致しました。
すると、しゃっちょうが弾き始めたのは、
ショパンの「幻想即興曲」
浅田真央ちゃんが、この曲で踊っていましたね。
確かに「即興曲」という名前ではありますが、即興で弾く曲ではありません。
主部では、1小節に左手は12拍、右手は16拍というリズムとなっていて
右手と左手でリズムが違います。左右で合わせられません。
ピアノを習う人が誰でも一度は夢見るショパンの名曲。
そして、
難曲
たいていは「夢見る」ことで終わります。

もう少し、簡単で安全に弾ける曲があるにもかかわらず、いきなりショパン…
それも「幻想即興曲」…

アグレッシブ過ぎる選曲!

しゃっちょうよ!
「無難」という言葉を知っていますか?


そして、少しのミスタッチに対し
「幻想即興曲ぐらい、練習せんでも弾けると思ったんやけどなぁ…」
というしゃっちょうのセリフ…
世界中の「ピアノを習う人達」を敵にまわしかねないこのセリフ…
気をつけていただきたいものです。

と、そんなしゃっちょうがカウンセリング講座を開講いたします。

薬剤師の基礎研修講座
「ストレス社会」〜心と戦う〜
3月21日(金)実施


詳細はこちらでご覧になれます。
参加は無料ですのでぜひ、ご参加下さい。
カウンセリング講座では、絵画療法を行います。

絵画療法は自己分析ができ、またこのスキルを他の人に伝授することで
コミュニケーションのツールとして使用したり、問題解決のためのキッカケとすることができます。


それでは、皆さんのお越しをお待ちしています。

メディセレスクール
川上絢美
[PR]
by Medisere | 2008-03-20 02:23


<< しゃっちょうのMBA奮闘記 1 プチ心理カウンセラー講座(08... >>