<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自尊心

こんばんは。
病態生理・薬物治療担当の川上(絢)です。

ここ2日ほど、過去の私のブログを読み返しては感想を述べてくれるメディセレ生がいます。
これはきっと催促なのでしょう。



そうですね。
確かに最近更新をしておりませんでした。
手を抜いてすみません。




国家試験では病態生理を担当していますが、
CBTではヒューマニズム(コミュケーション・心理学)も担当しております。
と、いうことで本日は「自尊心」について書きます。



自尊心というのは自分の品位を保とうとする気持ちのことです。
自尊心の高い人は、寛容で快活で楽天的です。
一緒にいて楽しい人です。
自尊心の高い人は、精神的に強く安定しています。
少々マイナス要因があろうと、批判されようと動じません。
それでいて、自分が間違っているときはそれを素直に認めることができます。

一方、プライドは自尊心とは異なります。
プライドの高い人は、他人と自分を比較して、
「自分の方が上である」と感じた時に喜びを感じます。

しかし、これでは永続的な喜びや充実感を得ることはできません。
もっと優れた人や、もっといい物を所有している人が現れる可能性が常にあるからです。
(世の中、上には上がいるものです。)
プライドが高すぎる人は、他人と自分を比較し、
「何が正しいか」ではなく「誰が正しいか」で物事を判断します。

自尊心とプライドは一般に同義語として使用されていますが、
実際は異なるものです。
プライドは自分の弱みや不安を隠すための手段であることが多く、
これは低い自尊心に由来します。
プライドが高い人は自分のことをよく思っていません。
ですから、自分の重要性を確認するために他人と比較し、
ときに非難したり、悪口を言ったりします。

ある心理学の研究は、
学業にはIQよりも自尊心の方が重要だ
ということを示しています。
また、自尊心が収入に影響を及ぼすことを示唆する研究もあります。

受験で成績が伸びにくい学生さんは、よく以下の様なことを言います。
「◯◯くんと比べて自分は頭が良くない。」
「△△ちゃんは高得点をとっているのに、
自分はこれだけしかとれていない…」








おわかりですね。






常に他人と比較するのです。
というより、他人としか比較しません。

これでは判断を誤ってしまいます。
自分がやるべきことがわからなくなってしまいます。
なかなか成績が上がらない原因は、
他人の基準によって自分を評価する
という点にあります。
自尊心が低く、プライドが高い人は、常に他人の目を気にしています。
自分がどうなりたいか、ではなく、他人にどう思われるかを異常に気にしているのです。
こうなると、当然、集中力も低下します。
勉強をしていても、ついつい
「みんなの前で答えられなかったらどうしよう…。」
「平均点以上とれなければ恥ずかしい…」
と考えており、全く勉強に集中できません。


国家試験やCBTというのは合格点が予め決められています。
誰かが受かれば誰かが落ちる、という試験ではありません。
他人の基準は全く持って無意味なのです。
他人の基準をクリアしなければならないという思いに駆られると、
自分が惨めになり、
「自分はとことんダメだ…。」
「自分は他人よりも劣っている。」
感じるようになります。
これでは勉強に限らず、何をやっていても楽しくありません。

学業にはIQよりも自尊心の方が重要だ、とする心理の研究もなるほどと頷けます。




受験生に必要なのは自尊心です。




そこで、自尊心をもつための4ヶ条を考えました。

1.自分と他人を比較しない。
2.自分に価値を見出す。
3.何が正しいかを考える。
4.他人を心から褒める









プライドは低く、
自尊心は高く!

[PR]
by Medisere | 2010-09-22 19:04

だんじり試験曳き2010

こんにちわ。
お祭りをやっているときの顔つきが普段と全然違う物化・薬剤系担当の横田です。

最近知ったのですが、私の曳かせてもらっている北町拾伍人組の方々も
メディセレブログを読んでいるみたいです。


毎年のネタですが、だんじりのネタを書かせていただきます。


今年の大まかな日程は次のようになっております。
9月5日(日)14時~16時:試験曳き
9月17日(金)14時~16時:試験曳き
9月18日(土)6時~夜まで:本祭(パレード等)
9月19日(日)9時~夜まで:本祭(宮入り等)


だんじり祭は役割分担がそれぞれ決まっていて
私が所属しているのは「北町拾伍人組」になります。

去年は、だんじりの後ろのどこかにいますと書きましたが、
今年は固定され、3番中のポジションを持っています。
のところです。

c0144883_17571766.jpg


※だんじり祭の詳細は、2009年9月のブログなどを見て下さい。


先日5日に試験曳きをやってきました。
みんなの力が一つになったおかけで、
だんじりをぶつけることなく綺麗なまま小屋へしまうことができました。


c0144883_17583335.jpg


↑↑↑↑↑これは出発前の風景です。


c0144883_17584756.jpg


↑↑↑↑↑これは出発した後です。


c0144883_1759438.jpg


↑↑↑↑↑これは休憩中の風景です。
だんじりが動いているときもですが、休憩中も
あーでもないこーでもないと話し合いをします。

みんなで力を入れないと動かないだんじり…
みんなで息を合わさない曲がらないだんじり…

微妙なズレから大けがを生むこともあります。
そのズレを修正するために、休憩であっても話し合いをすることがあります。
この話し合いがとても重要になります。

それは、いかに綺麗に曲がるかを常に考えているからです。
一般の方々には、なかなか理解してもらえる部分は少ないですが、
たまには意見がぶつかりあうこともあります。
それぞれ目標を持ちつつ、一つの大きな目標に向かって突き進みます。



最近、やろうとしていたことや自分の目標を見失っていませんか??



薬剤師国家試験の勉強に例えるなら、合格するためにしなければいけないこと
もしくは、やろうとしていたこと、自分の目標を考えてみて下さい。

前回のブログにもありましたが、メディセレでは9月1日より
スタンダードコースが始まりました。


96回薬剤師国家試験を受けようとしている皆さん…
この機会に自分のプライベートや受験勉強のことを見直してみてはどうでしょう??


国試の勉強は、だんじりと同様、足の引っ張り合いはいりません。
156点以上取れればみんな合格です。
お互いを励まし合って仲良くみんなで合格をめざしてみてはどうでしょう。


c0144883_1759212.jpg



※写真の左から、私、私の相方、先輩です。


私もだんじりをうまく曲げるように、みんながケガしないように
相方やその周辺の人たちと常に話し合いをし、次はどのようにすべきか考えます。
だんじりは同じ道を何周もします。
でも、いつも同じコースを同じようにやりまわしができるとは限りません。
微妙な匙加減でだんじりがこけたり、ぶつけたりすることがあります。

国試もいつも同じような問題配分ですが、問題内容は常に変化します。
みんなで一緒に勉強をして一つ一つ目標をクリアーすれば、
合格まちがいなし!!!


c0144883_18046100.jpg



※やりまわしをする瞬間の写真です。

最後に…
だんじり祭を初めて見に来た人に感想を聞くと、とにかく世界観が変わるそうです。
お時間ある方はとても暑い中ですが、是非見に来て下さい。
[PR]
by Medisere | 2010-09-08 18:02

自信

成功するためにいちばん大切な事は、「自分にもできる」という信念である。
思い切って行動しなければ、決して名声も成功も得られない。
                        ジェームズ・ギボンズ




合格するためにいちばん大切な事は、「自分にもできる」という信念である。
思い切って行動しなければ、合格も成功も得られない。
                              川上絢美





挫折をせずに成功をつかむためには、
自分の能力に疑問を持たないことです。
一度疑問を持ってしまうと、「自分のやってることは、本当は無駄なんじゃないかな?」
という不安が生じます。
不安が生じると勉強が手に付かなくなります。
感情(不安)をいかにコントロールして自信を持つか、が結果を左右します。



「自分にもできる」という信念について詳しく知りたい方は、
こちらのブログをご覧下さい。
     ↓
    信念の人
[PR]
by Medisere | 2010-09-01 19:39