<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

直前講習会始まる!

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

さて、本日からメディセレの直前講習会が始まりました。
そう、国家試験からはあと1か月。
この1か月は後ろを見ない!
あ~、これやっとけばよかった。
あ~、あの時、勉強しとけばよかった。
後悔先に立たず。

今からは前だけを見よう!
まだ、1か月もあります。
1か月あったら、何でもできます。

私は国家試験1度落ちています。
そして、最後の模試(2月実施)で98点でした。
・・・落ちるやん!!!
焦りましたよ~。
まぢ、やばい。どうしよう・・・泣
追い詰められた私は、1か月死ぬ気で勉強しました。
大学受験よりも一番勉強しました。
授業中も「寝たら死ぬぞう~!」と冬山で遭難した時のように、
シャーペンで太ももをつつきながら、勉強しました。
家に帰って一人で勉強していたら、
「なんでこんなに勉強せんとあかんの?」
と涙が出てきたりもしました。

だから国家試験前の皆さんの苦しく、辛く、追い詰められた気持がよくわかります。

で、私は国家試験で無駄に196点を取りました。
はい、1か月で倍増です。
156点でいいのに、取りすぎてしまいました。

何故私が驚異的に成績が伸びたのか。
今から思えば、1か月だからできたと思います。1年続けることは無理です。
そして、泣いている暇はない!と頭を切り替えたこと。
最後に、私は諦めなかった。これが成績が上がった最大の秘訣です。
なんとかしてやる!絶対合格してやる!という気合いです。

今わからなくても、当日、わかっていればいいんです。
授業中、知っていることは自分の自信に換え、知らなかったことは聞いてよかった、ラッキー
と、とにかくプラス思考に持って行ったことです。

そう、今から1か月でいいのです。
1か月頑張れば、一生楽になれます。

では、質問です。
これから1か月死ぬ気で頑張るのと、
これから1年と1か月まぁまぁ頑張るのと、どちらを選びますか?

メディセレでは毎年たくさんの伝説が生まれています。
次はあなたが伝説を作る番です。
c0144883_10512599.jpg

[PR]
by Medisere | 2010-02-07 10:51

はとが豆鉄砲

怪しい集団

c0144883_18384640.jpg



発見です。


こんにちは。

Medisere大阪校・事務の倉元 淳(姉の方)です。
大阪校の前にある西中島憩いの空間・西中島公園にて
怪しい集団を発見しましたので追跡レポートです。

c0144883_1843654.jpg



c0144883_18432355.jpg



どうやら節分の豆まきのようです。

近づいて話を聞いてみましょう。


c0144883_18474875.jpg


なんということでしょう!
怪しい集団はメディセレ生です。
ちゃんとますと鬼のお面まで用意しています!

いやはや、やるときはやるメディセレ生です。
中途半端なことはしません。


c0144883_18434433.jpg



鬼もただ豆を投げつけられるだけではありません。


c0144883_1844120.jpg



しかけます。


c0144883_1845474.jpg



エキサイトしてきましたね~!!



でも。
決して仲が悪いわけではありません。


c0144883_18593491.jpg



みんな仲良しです♪


国家試験まであと何日・・・
という事は今日は言わないことにします。
1年の日本の行事・季節を感じられる豊かな心を持って
素敵な薬剤師さんになるでしょう。









ただ・・・。


c0144883_1981765.jpg



彼女たちのイベントの裏で逃げ惑うはとさんたち。
・・・いや、はとさんたちもちょっと楽しそうかも!?
[PR]
by Medisere | 2010-02-03 19:12

一番難しいこと

難関国家試験の格言に
「国家試験は合格するあきらめるかのどちらかしかない。」
というのがあります。


この格言の興味深いところは、「合格か不合格のどちらか」ではなく、
「合格かあきらめるかのどちらか」
と言っているところ。



国試までの残り時間が少なくなると、
不安のあまり歩みが止まってしまう学生がいます。







合格することは難しいことではない。
本当に難しいのは合格するまで勉強を続けること。









だから、
あきらめてはいけない。
[PR]
by Medisere | 2010-02-01 00:53

完璧主義者

模擬試験結果が返却されると多発するのが、完璧主義者
人間は不安でいると、自分の弱点の犠牲になる。
ある学生が、「自分は物理化学や薬物動態学ができない…」と悩んでいる。
すると、薬理や病態がトップクラスの成績であっても、
そのことを忘れて自己嫌悪に陥る。

全ての受験生に
誰しも不得意分野があるというのに!




完璧主義者は、
自分に適したこと
自分にふさわしいこと
をやろうとするのではなく、
他人を基準にして物事を考える。



「他の誰か」になることが目的ではない。
目的は、国家試験の合格最低点を超えること。



失敗を恐れる完璧主義者ほど、他人を基準に物事を考える傾向が強い。
今、自分に適したこと
自分に必要なこと
は何かを考えよう。
[PR]
by Medisere | 2010-02-01 00:30