<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

登録販売者制度始まる!

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

さて、明日6月1日より、薬事法改正により、登録販売者制度が始まります。
薬局やドラッグストアーの社長さん達は、
「大変だよ。店舗のレイアウト変更が・・・」と。
例えば、第1種はお客さんから2m離して・・・とか、いろんな制限があるのです。
店内の商品の置き方を変更しなければいけません。
OTCを第1種、第2種、第3種と分類分けをし、1種は薬剤師でないと売れないが、
第2種、第3種は登録販売者が売っても良いとなります。
実は第2種、第3種でドラッグストアーの売り上げ9割を占めます・・・
薬剤師、いらんやん???
この登録販売者、高卒以上の人から受験資格があり、合格率は約70%。
登録販売者手当は2千円~5千円ほど。
薬剤師手当と比較すると、安く、基本給も安いので、
経営者からすると、
「今後、人件費の高い薬剤師は必要か?」
という考えが浮かんでしまうという、薬剤師にとっては怖い話が出てきています。

実は、ドラッグストアーによっては、薬剤師を撤収して、登録販売者だけでやっていこうと
考えるところも残念ながら出てきています。
また、安い人件費で、確実に人を集められる薬を売れるということで、
スーパーやコンビニ、家電量販店も薬を置くことになりました。
私の所にも、この制度が決まったとき、
経営コンサルタントやコンビニ経営者が、相談に来ました。
相談に来られたのですから、私も冷静に、正直に、
「薬販売、有りやと思います。」と教えちゃいました・・・。

さぁ、これからが薬剤師の力の見せ所です。
今後、薬剤師は「人に接してなんぼ」
と、薬剤師であり、ニシイチドラッグの経営者である西本社長が言っていました。
その通りだと思います。
調剤室から出るときが来ました。
さぁ、「顔の見える」薬剤師になりましょか!
薬剤師の存在、社会にみせちゃるで~!
[PR]
by Medisere | 2009-05-31 23:26

勉強法いろいろ

こんにちは。
病態生理・薬物治療担当の川上です。

かなり、長い間勉強法について書いておりませんでした。
ありがたいことに、しゃっちょうを見た!シリーズはブログ読者の方には大変好評をいただいております。
ついこのシリーズに専念してしまい、勉強法がおろそかになっていました。
このシリーズ、しゃっちょう本人には
c0144883_15525310.gif

と不評です。




さて、今回のブログのタイトルは、「勉強法いろいろ」ですから、
今日は暗記法について書きましょう。

暗記法を理解して実践するには、記憶の仕組みを知っておくと便利です。
以前のブログにも書きましたが、記憶というのは3ステップから成っています。
c0144883_11193366.gif

記憶は、記銘、保持、想起からなります。
勉強をしていると、さっきやったばかりなのに「あ!忘れてた!」とか、
「覚えられない」ということがよくあります。
このせいで、イライラしてしまったり、時間がかかりすぎてしまったりする経験は、
皆さんにも
c0144883_11354714.jpg



しかし、これは多くの場合、
「思い出せない」(想起ができない)
だけなのです。
決して、記銘や保持ができていないのではありません。
(記銘が障害される病気、それがアルツハイマーです。)

たいていは、参考書や解答を見ると
「そうだった!」
「そういえばさっきやったな。」
「さっき見たよなぁ。」
といって思い出すことができます。

人間の脳は大変優秀で、大量の情報を記銘、保持することができます。
ですが、これはほとんど無意識のうちにやっておりますので、
自分の脳にこのような潜在的な力があることは実感できません。
知識を使いこなすには、記銘・保持している知識を自由自在に想起できる必要があります。

この想起に有効な方法が、
「つなげる」
です。
人間はつなげると覚えられるようになります。
これはなぜでしょう。

それは覚えなければならないものすぐに思い出せるせるものをくっつけると、
すぐに思い出せるせるものを思い出すことで、それにつなげて思い出せるからです。

c0144883_1213012.gif

しかし、闇雲につなげると混乱します。
どれとどれをつなげるか、
これにはちょっとしたコツがあります。
3つご紹介しましょう。

①「因果関係」でつなげる
因果関係でつなげると、バラバラだった知識が自然な流れでつながります。
例えば、医療薬学(病態生理・薬物治療)頻出の「心筋梗塞」でこれを実践してみましょう。
単に、心筋梗塞、合併症、不整脈、心不全などと機械的に並べても覚えにくいだけです。
これを因果関係でつなげてみましょう。

心筋梗塞は心筋に酸素や栄養を供給する冠状動脈という血管がつまる病気です。
冠状動脈がつまると、心筋に酸素が供給されず、細胞が壊死します。
壊死すると、その壊死した部分は細胞が活動しませんから、
心筋を伝わる活動電位の流れが壊死部で止められてしまいます。
活動電位が流れると心筋は収縮しますので、このような活動電位の流れるタイミングが狂うと、
収縮するタイミングが狂います。
これが合併症の不整脈です。
また、心筋の一部が壊死しますから当然、収縮力が落ちます。
これが合併症の心不全です。
c0144883_14485674.gif


物語のように因果関係で繋いでいくと、知識が芋づる式に出てきますね。
想起しやすくなります。
c0144883_14545645.gif



②「意識・使命感」とつなげる
薬剤師には使命があります。
薬剤師法第1条に

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

とあります。
薬剤師というのは大きな社会的使命を帯びた職業なのです。
何のためにやっているのかわからないことというのはすぐに忘れてしまいます。
ですから、薬剤師の使命を感じながら勉強した方が絶対に覚えられます。
身近な人に起こった病気であれば、その病気に関する情報を忘れることはありません。
では、せっかくですから、先ほどの心筋梗塞の知識をもっと深めていきましょう。
急性心筋梗塞発症後、24時間以内の死亡原因として、心室性不整脈が最も多い(約80%)というのはご存じでしょうか?
これは言い換えれば、心室性不整脈を回避できれば、
多くの患者さんを救うことができる、ということです。
ですので、
c0144883_1522239.gif

リドカインは忘れないようにしましょう。
c0144883_15304839.gif



③「位置」とつなげる
c0144883_15322742.gif

位置とつなげる、とはどういうことか。
製剤学で頻出の添加剤です。
c0144883_1541790.gif

一覧表ですが、こういったものを暗記する場合には、その位置も覚えます。
c0144883_15453687.gif

こうすると、覚える量が増えるような気がします。
しかし、位置というタグをつけると、正確に暗記でき、紛らわしいもの同士を混同しなくなります。
より正確な知識を得るためには位置の情報も一緒に記憶しましょう。


このような少しの工夫で結果は必ず変わります!

以上、少しだけですが暗記のテクニックをご紹介しました。
次回もまた皆さんに役立つ記憶法や勉強法を紹介したいと思っています。
お楽しみに!
[PR]
by Medisere | 2009-05-30 15:52

しゃっちょうのカンボジア報告

こんにちは。
職員に遊ばれているしゃっちょう、児島惠美子です。
しゃっちょうが見た!で、私って嫌なやつ?と自問自答する今日この頃です。

さて、インフルエンザ騒ぎで、メディセレスクール生にマスクを全員に配り、
メディセレスクールも休講中でございます。
スクール生に「マスクが売っていなくて、田舎の母にマスクを送って!とお願いしていたので、
マスク、とてもありがたいです!ありがとうございます。」
と予想以上に喜ばれて、そんなに不安感が蔓延しているのだなとしみじみ思いました。

ちょうどカンボジアで子供達に手洗い、うがい、歯磨き指導をしてきてよかったと今更思います。
カンボジア行きが決まった時、あやみちゃんが非常に張り切ってくれました。
そして、しゃっちょう、プレゼントです!とくれたのが、これ↓
c0144883_1555564.jpg

ピンクの聴診器。かわいい。よく見ると
c0144883_1564371.jpg

「しゃっちょう」と名前入りです。ありがとう!
絢美さんも自分用に赤い聴診器を購入。
薬剤師が聴診器を持ってはいけないなんてありません。
これからは薬剤師も職域を広げなければいけません。
そこで、絢美さんが私の兄に聴診を習いに行き、
それを職員にも伝授。
c0144883_1517483.jpg

万全の体制で挑みました。
そして、職員も気にしてくれていた地雷撤去。
「児島さん、折角だから、地雷撤去もやっていく?」
という「折角」という言葉の意味から辞書を引きたくなった話は、
日程調整がつかず、お流れに・・・
現地では日本と違い、予定変更だらけ・・・。
しかし、地雷撤去をしていた人とお話をしました。
c0144883_15225637.jpg

そう、小学校で私の通訳をしてくださっていた、セイハーさん。
「地雷撤去って、なんか機械を使って、ピーとなったところが地雷で、そこからどうするの?」
「そこから手で掘ります。」
「手????」
「そう、手。手で丁寧に掘り進みます。」
「カーキ色の防護服を着て?」
「毎日38度なんですから、暑いですよ。Tシャツでします。」
「え????ボンっとなったらどうするのですか?」
「おしまいです。」
「おしまいって!!!!!」
「だから、ならないようにします。」
あ、あ、あたりまえです!!!!
日程の調整がつかなくって、本当に良かったと思いました。
行く前は冗談で
「絢美ちゃん、ここ、踏んでみ~」と言おうっと。
とか思っていましたが、あまりに生々しく、冗談言ってごめんなさいと心の底から反省いたしました。

絢美さんはカンボジアにご自慢の一眼レフカメラを持って行ってくれたので、
すっかりカメラマンでした。みんなを撮ってくれて、大活躍でしたが、絢美さんの写真が少ないため、
そんな絢美さんの為にメンバーの佐藤先生がアルバムをつくってくださいましたので、
よろしければ見てあげてくださいね。


参加したときには、薬剤師はあまりすることがないだろうけど・・・的にお医者さんに言われてしまいましたが、
絢美さんの活躍により、
結構やるじゃない!と帰るときにはなっていました。
また、薬剤師にできることが参加したことにより、たくさん気づきましたので、
今後も模索しながら、薬剤師の可能性を広げていければと思います。
[PR]
by Medisere | 2009-05-21 15:36

学生さん達からの贈り物

こんにちわ。物化・動態担当の横田です。

先日、メディセレスクールの2期生の学生さんから、
お花と思い出のたくさん詰まったアルバムを頂きました。

c0144883_13282829.jpg


お花、とてもきれいです。

オレンジのカバーが素敵なアルバムです。

c0144883_13303637.jpg


しゃっちょう、絢美先生も真剣に見てます。

c0144883_1332795.jpg


気になるアルバムの中身ですが…

c0144883_133368.jpg


各職員ひとりひとりにメッセージが書かれています…

c0144883_13334478.jpg


ディズニーランド25周年限定の鍵を頂きました。
「厚生労働省の心の扉をメディセレが開いてほしい!!」
という思いで作ったそうです。
鍵の真ん中に「MEDISERE」の文字が入ってます。


学生さん達が今年もメディセレのことを
たくさん想ってくれたことが最高にうれしいです。
素敵な感動を得ることができて本当に幸せです。
メディセレスタッフ一同、感謝しております。


Takahiro.M、Aki.Y、Minoru.K、Ayano.T、Naoki.T、Chihiro.T、Yuko.Y、
Kyoko.O、Miyuki.K、Mika.I、

and…
CHEESE&ROSES
Yuka.H(エース)、Kana.M、Satoko.H、Yui.S

2008年度ベーシックコースの皆様ありがとうございました。

メディセレスクールの卒業生の皆様のご健康とご多幸をお祈りしております。
[PR]
by Medisere | 2009-05-18 13:51

カンボジアに適した服装

こんばんは。
病態生理・薬物治療の川上(絢)です。


今回は、カンボジアに行こうと思っていらっしゃる
カンボジア初心者の皆さんに、
カンボジアに適した服装
をお教えいたします。
(すっかりカンボジア通のような書き出しですが、
今回のカンボジア医療ミッションが私の初めてのカンボジアです。)



さて、交通手段ですが、通常はタイで飛行機を乗り継いでカンボジア(プノンペン)入りします。


初めてのアジア旅行の気分を盛り上げてくれるのがこちら…
c0144883_22213276.jpg

飛行機の中でいただいたお花(造花ではありません)。
うれしくて、しゃっちょうと私はサンバイザーと帽子につけてみました。
いかにもタイというオブジェの前で記念写真。
c0144883_22181459.jpg

5時間後、ホテルに到着し、水につけておきましたら、旅の間中、美しくずっと咲いているではありませんか。






タイ航空め!
粋なはからいです。

ところで、この花なんていう花なんでしょうね…

ここで、カンボジアは日差しが強く、暑いので帽子を持って行かれることをおすすめします。
日本の場合は、至る所でクーラーが効いておりますが、カンボジアは高級なお店やホテルにしかありません。

持ち物その1.帽子(サンバイザー)
です。
このほか、目の弱い方はサングラスも持参されると良いでしょう。



何度も繰り返しになりますが、カンボジアは蒸し暑い国です。
暑く、湿度が高いと必ずいるのがこの方…
c0144883_22312755.gif



虫除け対策も必要です。
そこで、こちら…
c0144883_2234477.jpg

腕につけるタイプの蚊取り線香
c0144883_2235566.jpg

どこでもベープの中でも、「ちょっと人とは違う物を!」と思われる方には
キティーちゃんのベープがおすすめです。
私がカンボジアでつけていたのも、このキティーちゃんタイプです。

持ち物その2.どこでもベープ



さらにメディセレ職員として忘れてはならないのがこちら…
c0144883_22415876.jpg

持ち物その3.メディバック!
c0144883_22443678.jpg

遙か異国でもメディバックを忘れずに持ってくる、
そして持ち歩く…
そんな私は、
メディセレ職員の鏡
[PR]
by Medisere | 2009-05-14 22:46

カンボジアの食事

こんにちは。
病態生理・薬物治療の川上(絢)です。


ほとんど海外旅行をしたことのない私が
このゴールデンウィーク中にカンボジアへ(医療活動をしに)行きました。
全くカンボジアに対して予備知識の無かった私が一番気になったのは
食事です。


そんな私と同じ疑問をもっているであろう、カンボジア初心者の方々に
カンボジアの食事事情をお伝えします。


まず、カンボジアには華僑(二重国籍等の状態によって中華人民共和国籍を保持したままの人)が多く、
カンボジア料理と中国料理の融合されたカンボジア風中華料理を出すお店が結構あります。
(もちろんプノンペン市内の話です。郊外にはそういうお店はありません。)
私個人の感想は、
どれを食べても結構おいしいです。
しかし、唯一理解ができなかったのは
フルーツをスパイシーにしてしまうことです。
c0144883_18142325.jpg

こちらの写真は、堅いマンゴーのようなフルーツ(何かわからない)に
お砂糖と(これまた何かわからない)スパイスがふりかけられた前菜です。








可能なら…
そのまま食べたいです。
素材の味を活かしていただいた方が良かったです。










c0144883_18171560.jpg

こちらはお野菜の酢漬け、おいしくいただきました。





c0144883_18251156.jpg

こちらは(何かわからない)お肉、おいしくいただきました。





c0144883_18265632.jpg

こちらはカエル




c0144883_18292513.jpg

もちろんおいしくいただきました。
鶏肉の様な味で、鶏肉より小骨が多いです。




c0144883_1831691.jpg

しかし、しゃっちょうのお口には合わなかったようです。




c0144883_18334525.jpg

こちらはしゃっちょうのお誕生日(5月2日)のお祝いに用意して下さったケーキ。
バタークリームがココナッツクリームの味がします。
また、赤3号とか青2号とかを使ったであろう、はっきりとした色合いが特徴的です。




それにしても…
c0144883_18372233.jpg






次にホテルのお食事ですが、何でもあります。
ホテルの朝食がしゃっちょうの生命線でした。

スパイシーなフルーツよりも、カエルよりも
最も私が驚いたのがこちら!
c0144883_18394855.jpg

お味噌汁





カンボジアのホテル、
ものすごい日本人意識してるやん!




最後に、私が最もカンボジアで食べたかったのは、
こちらのシャワーの吹き出し口の様な物体…
c0144883_1844374.jpg

蓮の実です。

倉元涼講師のブログに
(以下抜粋)

(お勧めおやつは、蓮の実です。)
c0144883_13355299.jpg


c0144883_13275411.jpg

(やめられない、止まらない。)



とあったのでどーしても食べたくて食べたくて仕方がなかったのです。
プノンペンから郊外へ向かうと、道ばたで売っています。
ドライブスルーで購入。
通訳のナビーさんに「どうしても食べたい!」と言っていたので、
迷子になった王様のお墓へ向かう途中で買ってくれました。
(この蓮のみを購入した時の私にはその後の恐怖は予想もつきませんでした。)

c0144883_18544100.jpg

味はほのかに甘いですが、これといって味がありません。
倉元涼講師はやめられない止まらないと表現していましたが、



c0144883_18561281.jpg

全然やめれます。
おいしくないです…
しかも、じっと見てると気持ち悪いし…

たくさん食べているうちにおいしくなるのかと思って
無理に食べていると、通訳のナビーさんに






あんまり食べない方がいいですよ…
と言われました。
(蓮の実は、清潔な水で洗ってないので食中毒を起こすかもしれない、ということなのでしょう。)





私は、アリがくっついていた肉まんだって(アリのところをとって)食べました。
c0144883_1975430.jpg

しゃっちょうには
「絢美ちゃん!アリンコやで。アリが7匹くっついてんねんで!!」
と驚かれましたが…







でも、蓮の実のおいしさはわかりませんでした。
c0144883_13275411.jpg

涼ちゃん、結構たくさん食べましたね。






私の適応力は高いと思っていたのですが、
涼ちゃんの適応力は私をしのぎます。



だって、通訳のナビーさんが
「倉元さんは、日本人の中でもかなりかわった日本人だと思います!」
と言っていましたから…
涼ちゃん、強者です。


しゃっちょうが感じたカンボジアはコチラ
[PR]
by Medisere | 2009-05-13 19:14

(カンボジアで)しゃっちょうを見た!vol.7、8

こんばんは。
病態生理・薬物治療担当の川上(絢)です。

カンボジアでは、持病のアトピー性皮膚炎が軽快し、日本に帰国後悪化しました。
おそらく私のアレルゲンは
日本にあって、カンボジアにはないもの
なのでしょう。
アレルゲンの同定まであと少し(?)です。



この「しゃっちょうを見た!」シリーズは、Medisere職員の中で最もしゃっちょうと過ごす時間が長いであろうわたくし川上(絢)が、驚くべきしゃっちょうの生態に迫るというものです。
そこから、強運を得るヒント、成功をつかむためには何が必要なのかをえぐり出していきます。

セレブになりたい人には必見のシリーズです。
c0144883_2311930.gif



カンボジアでは医療活動のほかに、少し観光もできました。
下の写真は、カンボジア元国王(現国王のおじいさまだったかな?)のお墓に行ったときのものです。
元国王のお墓は小高い丘(山)の上にあり、その中腹にさまざまな仏像や魔除けの動物達がまつられています。
まず、医療従事者の心臓と意識を破壊したのが、こちらの長い階段です。
c0144883_216499.jpg

この階段を上ると、お墓の中腹に出まして、大きな仏像がまつられています。
カンボジアは仏教国なのです。真言宗の私は少し親近感を感じます。
ただいま修復中とのことでしたが、お顔を拝見することはできました。
赤い唇が印象的です…
c0144883_21105770.jpg

日本の仏像とはちょっと違いますね。

この仏像のところで、アンケートがとられました。
二者択一です。

選択肢A ここからさらに登って元国王のお墓までいく
選択肢B ここから引き返して涼しいバスの中で待つ

もちろん私はに勢いよく手を挙げたのでした。
しかし、次の瞬間衝撃的な映像が!!




「では、ここからバスへ引き返す方、手を挙げて下さい!」
c0144883_21162212.jpg

は〜い!?





しゃっちょうは
「じゃあ、絢美ちゃん、頂上のお墓の写真撮ってきてね!」
と明るく言い残すとすたこらさっさと階段を下りてきました。









そのあと私を人生でそうはないだろうというくらいの不幸が襲うのです。

















私、川上絢美。32歳にして迷子になりました。
誰も知っている人がいない
言葉の通じない
異国で…



















頂上で、あんな写真や
c0144883_21231814.jpg

こんな写真と
c0144883_21253286.jpg

心の向くまま
c0144883_21254141.jpg

気の向くままに
c0144883_21255415.jpg

撮っておりますと…
c0144883_21272517.jpg

次の瞬間、私の周りに誰もいないことに気づいたのです。
衝撃!


しかし、わりとのんびりと事を構える私は、おそらく来た道とは違う道でほかのメンバーはこの山を下りていったのだろうと考えました。
しかし、その秘密の道(別に秘密ではなく、こちらが正式な観光ルートなのですが)を探して、
秘密の道とは全く違うルートで、全く知らない場所に出てしまっては大変です。
私は考えに考えたあげく、上記のリスクを避けるため
もと来た道を戻る
を選択しました。

しかし、これが結構な距離で勾配も急なのです。
ほかの人やしゃっちょうを待たせてはいけない、心配させてはいけないと
猛ダッシュで降りていきました。
そう…半泣きで…





最近、駅の階段でも「しんどい」と感じてしまうこの私のどこにこの瞬発力が合ったのかというほどの勢いで駆け下りました。
かなりの高さからもジャンプしました。
今から考えるとよく捻挫しなかったな…と思います。




途中で私を捜索して下さっていた歯科医の先生にであい、無事合流できたのです。
大変ご迷惑をおかけいたしました。








私が迷子になっている間のしゃっちょうは…
(私はこの時バスにはいませんでした。
したがって、以下のイラストは、
カンボジアミッションに参加されていた先生方のお話を元に作成したものです。)
c0144883_21592052.gif

とてもとても私を心配してくれていたのでした。






レジェンド7
しゃっちょうは、メディセレ職員を心から愛してやまない







そして…










c0144883_2272833.gif

レジェンド8
しゃっちょうは、都合の悪いことには耳をかさない
[PR]
by Medisere | 2009-05-12 22:11

こどもの日

こんにちは。

いえ、こんばんは、ですね。
・・・しまったー、もう5月6日になっちゃいましたね。

今日(昨日?)はこどもの日だなと思いまして、
少しこどもの頃のことを思い出していました。
実家の目の前の土手でよく遊んでいました。

もっぱらお外で。

太陽の下でのびのびと。
お察しのとおり(?)妹と走り回ってましたね~。



メディセレスクール大阪校の前にはちょっとした公園があります。
メディセレ生にはお馴染みの公園です。


c0144883_195271.jpg



今日はあいにくのお天気で、あまり人がいませんが・・。

お天気の良い日は、
お弁当を食べたり、ブランコに乗ったり(リフレッシュ?)
自分の肺を黒くしに行ったり(お煙草です)
時には雪合戦をしたり(風邪ひくなよー!!)
勉強の合間の憩いの空間です。

メディセレ生に限らず、サラリーマンやご近所の方も
ほっと一息つきにこの公園にやってきます。

ときどき、園児たちが遊んだり、運動会の練習をしたり、
かわうぃ~姿を見せてくれます。

癒されます。



ところは変わりまして、
今、しゃっちょうと絢美先生が訪れているカンボジアでも


c0144883_0553165.jpg



こどもたちがお外で元気に走り回っています。







でも。

みなさん、上の写真の右の方、赤い目印が何かわかりますか?









c0144883_103367.jpg



ここから先は地雷原ってことです。
カンボジアでは、民家の数メートル先は地雷原というところがたくさんあるそうです。

同じ時代のたった今この時に、同じ地球上で、あまりの差がありますよね。

いつもの公園に来るこどもたちも、
地雷原のすぐそばで遊んでいるこどもたちも、
私自身も、
ひとつの命の大切さは同じ。
こんな基本的なこと、私が生きている環境は平和で
普段は全然気にも留めていないのに。
何かのきっかけでハッと思い出す大切なことってありますよね。
今回のきっかけはカンボジア、そしてこどもの日でした。

しゃっちょうと絢美先生、カンボジア楽しんでいますか?
命にかかわるので、無理はせず、最終日も堪能してきてください。



では、小腹が減ったので

c0144883_138352.jpg



いただきます。







こちらも

c0144883_1392266.jpg



しゃっちょうが好きなポテトチップスと
絢美先生が好きなハッピーターン♪


いただきます。


日本の食べ物が恋しくなっているであろう、お二人に
ちょっとした画像の差し入れです。(←いじわる)

では、お気をつけて。
メディセレでお帰りをお待ちしております!!
[PR]
by medisere | 2009-05-06 02:01

カンボジアミッション 引き継ぎの章

こんばんは。
カンボジアに到着いたしました病態整理・薬物治療担当の川上(絢)です。
カンボジアと日本の時差は2時間です。

日本時間-2=カンボジア時間

となります。
ただ今、日本時間AM4時10分です。カンボジアはAM2時です。


本日(5/2)、関西国際空港からタイ(バンコク)へ行きまして、
バンコクからカンボジア(プノンペン)へ向かいました。
タイにしろカンボジアにしろ私には全く初めての未知の領域です。
前回カンボジアミッションに参加した倉元涼講師、そして私、川上はかなり適応力が高いと自負しております。
そこで、倉元と川上の不安は、
はたして、しゃっちょうが適応できるのか…
という部分です。
とても心配です。

さて、カンボジアミッションにはさまざまなミッションがあるのですが、
今回のカンボジアミッションの一つに「空飛ぶ車いす」というのがあります。
要するにカンボジアに日本の車いすを寄贈するのですが…

「空飛ぶ車いす」などといいますとちょっとメルヘンな雰囲気さえ漂ってきます。
しかし、実際は重労働です。
ご覧ください、しゃっちょう自ら2台の車いすを運ぶ姿を…
c0144883_3172099.jpg

結構この車いすをコントロールするのは大変なんです。
この後この車いすは空輸されるわけです。
車いすを荷物として飛行機に積む手続きが終了したなら、
お次は両替です。
倉元涼講師のブログにもありましたが、カンボジアの通貨はリエルです。
しかし、ほとんどの場合はアメリカドルで支払いをいたします。



手続きを完了していざ両替!
c0144883_3295588.jpg

とにかく海外旅行は、パスポートとお金!
これが重要です。
円→ドル!

関西国際空港からタイのバンコクまで5時間半。
バンコクの空港、すばらしくバブリーな造りでたくさんのブランド店が軒を連ねておりました。
そこで(Dir)早速しゃっちょうお買い物…




早くもドルを消費!




その後、タイ空港内の寿司バーにてお寿司を食べました。
しばらくの間日本食とはお別れです。
c0144883_3411798.jpg

(まぁ、タイでお寿司が食べられたこと自体私にとっては奇跡的でした。)
タイで飛行機を乗り換え約1時間でプノンペンに到着いたします。
途中、タイ上空で機内食が出されました。
いかにも「ここはタイです!」といわんばかりのパッケージです。
c0144883_34421.jpg

タイの美女の写真です。
中はこのような感じ…
c0144883_3463164.jpg







シンプル…






メインは、エビとお野菜とフルーツの和え物です。
お肉類は全く入っておりません。
また、味付けが変わっていて、この、
エビとお野菜とフルーツの和え物は、
とってもスパイシーで辛いのです。
フルーツがスパイシーで辛いのです。

フルーツがですよ!



本来、ジューシーであるはずのフルーツがスパイシー…
酢豚に入っているパイナップル以上の衝撃でした。
そして、となりの席の方もどうやら衝撃だったようです。
c0144883_3551635.jpg



カンボジアのプノンペン空港はとてもきれいでした。
医師、歯科医師、弁護士の先生方とともに到着しました。
c0144883_43854.jpg

空港からバスに乗り込みホテルへ向かいます。
ここでやっと異国に来たんだと実感しました。

カンボジアは日中とても暑いので、皆さん夜から活動されます。
たくさんの屋台とバイクが道路を占拠しています。
c0144883_47235.jpg

特にバイクは二人乗り。
これからデート、という若者がたくさんおりました。
c0144883_49766.jpg


カンボジアでは、
早くも食事問題に直面したしゃっちょうと同じお部屋で寝泊まりします。
ツインのお部屋なので、おなかがすいたしゃっちょうが荒れ狂わないことを祈り、
眠りにつきます。

では皆様、次回をお楽しみに。



カンボジアより
[PR]
by Medisere | 2009-05-03 04:13