<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本代表ヘッド兼打撃コーチ田淵氏と教育談義!

こんにちは。しゃっちょうの児島です。
先日、田淵幸一氏の講演会に参加して参りました。
田淵氏といえば、元野球選手、現オリンピック野球チームのヘッド兼打撃コーチをなさっております。
「がんばれ田淵くん」という漫画でも有名な方です。
この方ですね。
c0144883_2030194.jpg

さすが有名人!
来場者の数も半端な数ではありません。

そこで、私はがんばって前から2番目をキープ!
真剣に田淵氏のお話を聞いておりました。
当然、大阪人の私はナイスリアクションで!
講演会も終了に近づき、司会者の方が
「このあたりでそろそろ…」と講演会を終わろうとしたときのことです。
そんな時になんと、
田淵氏から逆指名!

を頂戴したのです。
c0144883_20533469.jpg

田淵氏:「で、君は僕に質問はないの?」
児島:「ええええええ!」
そこで、
児島:「折角なので、じゃあ…」
という感じで質問をさせていただきました。
児島:「私は教育に携わっているのですが、最近の子は怒られ慣れていないと思います。
ラグビーの平尾監督が、昔は「お前ら帰れ!」など怒鳴りながら厳しく指導していたそうです。
しかし、現代っ子はそういった指導が難しいので、「褒める指導」に転換したと仰っていました。
スポーツの世界でもそのような変化が生じているのだと少し寂しく思いました。
プロ野球選手やオリンピック選手にも、そういった指導の変化は生じているのでしょうか?」

c0144883_20571910.jpg

田淵氏:「ん〜、星野監督は怒るね。
でも…、そうか!
たしかにその後フォローをしないといけなくなってきたのは確かやわ。」

児島:「やはりそうですか。
十年前は怒られたとしても、内省をしてみんな立ち上がっていましたが、
今は自分一人では立ち上がれない子が増えているように感じます。」

田淵氏:「そうやそうや。変わってきたね。難しいわ。星野監督はフォローのためにお金使ってるで。プレゼントしたりしてな。」
児島:「ええぇぇ!本当ですか!では、たくさんのお給料が必要ですよね。」
田淵氏:「そのとおりや!」
一回目の会場爆笑。
児島:「では、オリンピックで金メダルをとって、
お給料を上げてもらわないとけませんね。」

田淵氏:「ほんまや。星野監督と俺の生活、オリンピックにかかってるで。」
二回目の会場爆笑。
その後もしばらく2人で熱く教育談義をさせていただきました。
終了後、「おもしろかったで!」と見知らぬ方々にも声をかけていただき、
とても充実した一日を過ごさせていただきました。

最後に…
じつは、田淵さんの阪神コーチ時代の年俸を教えていただきました。
選手の年俸は結構スポーツ紙に発表されておりますが、監督、コーチの年俸は知らなかったので、驚きです。
お知りになりたい方は、こっそりメディセレスクール児島まで。
[PR]
by Medisere | 2008-06-10 21:44 | 教育