カテゴリ:児島惠美子( 4 )

子供の心、親知らず

こんにちは。
メディセレの児島惠美子です。

本日で各校の保護者会が終了しました。
c0144883_17355386.jpg
今年もたくさんの保護者の方々にご参加頂きました。
国家試験をきっかけに親子関係が悪くなる事例が多く…
まずは国家試験の現状を知って頂き、理解して頂くことが大切なんだなと思います。
なぜなら、保護者会後に毎年、親子和解が見えるからです。
ガイダンス後、たくさんの保護者の方々に、来てよかった!というお声を頂き、嬉しく思います。
ちょっと帰ったら子供に謝りますわ…という親御さんもいらっしゃいました。
c0144883_17423286.jpg
これから国家試験まで、そして国家試験当日、最後に終わった時にどのように接して頂きたいかもお話させて頂きますので、接し方に悩まれている保護者の方々にも喜んで頂きました。

保護者にして欲しくない事アンケート結果には、
全部やってましたぁ〜!気をつけますぅ〜。
という嘆き声で溢れました。笑。

模擬試験結果で、メディセレ生と現役生の成績比較を見て、成績が上がっている事、みんなが頑張っている事もわかって頂けました。
c0144883_17570324.jpg
さぁ、あとは試験を受ける皆さんの踏ん張りです。
親孝行者になるまで、あと76日。
76日で一生モノの薬剤師免許がもらえるのですから、
頑張りましょうね!


[PR]
by Medisere | 2016-12-11 17:34 | 児島惠美子

エチゾラムとゾピクロンが向精神薬に!

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう(先日会長になっちゃった)児島惠美子です。

本日からエチゾラム(デパス)とゾピクロン(アモバン)が向精神薬に移行します。日数制限は11月1日からのようです。
c0144883_13172210.png
今朝ツイッターをしたら、エスゾピクロン(ルネスタ)はどうなのですか?と質問がきましたので、調べましたら今回指定されていませんでした。
そこで、理由が知りたくなり、私も調べながら社内にも質問しました。

すると、チーム法規から
実は向精神薬に追加されたのはゾピクロン、エチゾラム、フェナゼパムの3物質です。
フェナゼパムは、国内では医薬品として流通していません。


と情報が。へぇ~。

チーム有機から
ゾピクロンはR体S体の混ざったラセミ体ですが、S体のみとってきたのがエス(S)ゾピクロンですが、こちらは向精神薬指定になっていません。

R体を除いたので、苦味が軽減されました。
と。へぇ~なるほど!

薬局メンバーからは、
よく処方されているのに、どうして普通薬なんだろうと思ってたぐらいですとご意見が。
そっかぁ~。

でもそれならエスゾピクロンの方が優秀なんだから、
ゾピクロンが向精神薬指定で、エスゾピクロンがまだ指定されていないのはなぜ?と投げると、
チーム有機から、
S体のみにしたことで投与量(mg)が減っているようです。ゾピクロン7.5mgがエスゾピクロン1mgや2mgに対応するようです。2012年発売で使用成績がないのでまだ様子見なのではないでしょうか。
今回のゾピクロン(R体S体のラセミ体)とエスゾピクロン(S体のみ)のように、ラセミ体から光学分割して一方のみ取り出した医薬品が増えています。立体の違いにより代謝を受けにくい方とか活性の高い方を取り出します。このラセミスイッチですが、101回国試に出題されているので熱い話題ですよ!

ですって、みなさん!
いやぁ~久しぶりに有機勉強したわ。
勉強になった。
やっぱり薬学は化学だね!


[PR]
by Medisere | 2016-10-14 13:09 | 児島惠美子

国家試験当日の心得

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。
さぁ、ついに来ましたよ、明日の国家試験。

試験会場ではギリギリまで見れる部屋と、早々にしまうように言われる教室がありますので、いつ言われても良いようにしておきましょう。

昼休みは、簡単だったね!とか、4が多いよねとか、これ出るって聞いたよ等、色んな情報が飛び交いますが、耳を閉じて、自分はこれだけを見直そうとマイペースに過ごしてください。

国家試験は緊張の方が強く出るので、手応えは感じません。でも、意外に取れているものですから、不安に負けないでください!

わからない問題は、笑い飛ばしてください!
120問も間違えてよいんですから。
園児は1日400回笑いますが、大人は平均13回に減ります。この二日間は120回も笑って良いんですよ!
そして、最後に合格を勝ち取り、思いっきり泣き笑いしましょう!

その為に、鏡をみたら、イケる!と自分を励ましてください。
合格は自分で引き寄せるものです。
薬学にはエビデンスが必要ですが、受験生の皆さんには、根拠のない自信が今、必要です。
合格する気しかしない?オッケーです。
俺が受からなくて、誰が受かるの?勘違い、オッケーです。笑。

最後に必要なのは自信と確かな知識。
モチベーションを上げるのは好きな音楽と、オレンジ色!

勘でマークしても、それ、正解だから!笑
絶対大丈夫!

眠れなくても、目を閉じて、身体を休ませれば、寝てると一緒だから、焦らなくてよいよ。

頑張れ!!イケる!!!
c0144883_21143489.jpeg
追伸 メディセレ講師陣キラ面バージョンです。
はい、すみません。本人見て、ガッカリします。
皆さんの緊張を少しでも緩和したい一心です。
スクール生にはバカウケしてもらえましたが、
やりすぎたと反省しています。


[PR]
by Medisere | 2016-02-26 20:45 | 児島惠美子

薬剤師国家試験制度改善検討部会傍聴報告

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう児島惠美子です。
本日、厚労省での薬剤師国家試験制度改善検討部会の傍聴をさせて頂きました。
c0144883_22004207.jpeg
委員の先生方は何度も何時間も検討をしてくださっていて、本当にありがたいです。
傍聴した事により、本当に色々なご意見、議論があった事を知りました。
その上で、勝手ながら私が気になった点をまとめさせていただきます。

合格基準の改定は今回の101回から。ここは既に皆さんもご存知ですよね。足切りの緩和です。

禁忌肢(通称、ドボン問題ともいい、医師国家試験にも導入されていて、この問題でこの選択肢を選んだ人は免許を与えられないというもの)は104回から導入。しかし、一問だけでアウトとはせず、何問か出題し、すべて、もしくは数問その選択肢を選んだらアウトというようにする。

改訂モデルコアカリキュラムに準ずるのは106回から。

他に、複合問題は実務との連問であったが、実務以外の複数科目の複合問題の出題は早急に。
(早急にとは、102回か103回でという事かと)

もう一つ、私が気になっていたところ…
改訂モデルコアカリキュラムでは、薬理と治療が器官別にまとめられました。が、試験科目は統合しない!

という事でした。
速報まで。

[PR]
by Medisere | 2016-01-15 21:57 | 児島惠美子