ゴロ合わせの天才

こんにちは。
川上です。
世の中には天才的なゴロを考える方々がいらっしゃいます。
検索エンジンで「ゴロ合わせ」で検索すれば、多くのサイトが見つかります。
時間をかけて創ったゴロを公開してくださるというのはありがたいことです。
Medisere(メディセレ)スクールにもゴロ合わせの天才がいます。
私は敬意を表して「檜山プロ」、
または「檜山7段」と呼ばせていただいています。
彼はゴロ合わせ有段者です。
私のゴロ能力を檜山プロと比較すると、せいぜい2級くらいでしょう。

その檜山プロが、「ゴロを紹介してもいいです」と言ってくれましたので、
児島しゃっちょうも絶賛の有段者のゴロをここで紹介させていただきます。
(今回は本人の了解を得て掲載させてもらっています。檜山プロありがとう!)

1.明日、 ガン(銃) で 攻 撃
AST 肝、肝変、症肝炎
AST>ALTとなる肝障害は、肝癌、肝硬変、劇症肝炎です。
特に肝癌ではASTの値がALTの約2倍となることが多いです。
さすが、檜山プロ…。
治療では、特に肝硬変でASTがALTより優位に上昇することは覚えておかなければなりません。

そして、機能形態の分野でも檜山プロはゴロを創ってくれていました。
機能形態は毎年約8題出題があります。
うち、1題は中枢神経の問題で、特に脳幹に関する出題が多く見られます。
と、いうことで脳幹に関するゴロです。
2.ケツメイシ、 深呼吸応 援
管運動中枢 走神経起始核 臓中枢 呼吸中枢 吐中枢は髄に存在
このゴロのいいところは、個人的には「ケツメイシ」を使っているところです。
時代の流れをとらえつつのゴロ。
ここが有段者と2級の違うところでしょうか…。
本日はこんなところで。

今度は違うネタでお会いしましょう。
Medisere(メディセレ)スクール 川上絢美
[PR]
by Medisere | 2007-12-17 11:46


<< 無駄をはぶくということ 勉強法いろいろ >>