医療刑務所体験記

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

昨日、大阪医療刑務所に行って来ました。
c0144883_2348549.jpg

写真は禁止ですので、高い塀のみアップ。

刑務所も高齢化が進み、90歳を超える収容者もいたり、
認知症の収容者もいたり、
様々な問題を抱えていました。

税金でなりたっているので、
必要最低限の医療を提供。
薬はジェネリック。
薬剤部にはかなりたくさんの薬が置いていました。

ちょうど行った日には透析をしている収容者がいました。
亡くなった方もいました・・・。

一般人が通る時には、収容者は壁に頭をつけ、背を向けて、じっとしています。
もし、動いたり、話しかけたりすると、一番楽しみにしているご飯を減らされるそうです。

行ったときに、壁に頭をつけて、背を向けて、じっとしている収容者をすれ違いざまに見ると、
若いのに、背中に入れ墨があるのがわかりました。

本当に全てがリアルでした。

詳しくはしゃっちょうのブログに書きましたので、ご興味のある方は見て下さいね。
[PR]
by Medisere | 2014-09-20 00:01


<< ガッツだぜ!~勉強会へ行こう~ 国会体験記 >>