国会体験記

こんにちは。メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

9月3日に内閣改造がありましたが、
薬学の皆さんは関係ない~なんて思っていませんか?

実は。。。総理大臣は関係しませんが、厚生労働大臣は皆さんにとても関係があるのですよ!
2年に1度の診療報酬改訂は、厚生労働省手動です。
国家試験に合格した後、もらう薬剤師免許には厚生労働大臣の名前が刻まれます。

デング熱の件で、記者会見していた田村厚生労働大臣。
c0144883_2355242.jpg

任期中に3回お会いさせて頂き、大臣の椅子にまで座らせて頂きましたが、
薬学生がどれだけ勉強をしているのか、現場では薬剤師が足りていないというお話をさせて頂き、
「そうなの?知らなかった。薬剤師さん、足りていると思っていた。現場に聞かないといけないことも多いね~」
とご理解頂いたのに・・・
変わったのですか?!
医療は長い目で政策を考えて頂きたいので、変えて欲しくなかった・・・泣
薬剤師数を絞るの、待って欲しいのに~
ショックでした。

いや、ショックを受けている場合ではありません!
新しい厚生労働大臣にも、きちんと現状を知って頂かなければ!
でも、どうやって、また新厚生労働大臣に会うのか?ん~

と思っていましたら、診療報酬改定勉強会のお誘いがありましたので、
「行きます!」
ということで、国会に行って来ました。
c0144883_03292.jpg


参議院議場も見る?
「見たいです!」
c0144883_0508.jpg


すっかり、おのぼりしゃっちょうは議会席にも座ってきました~
意外に狭い席でした。笑
いや、重厚さは半端ないですよ。
ミーハーしゃっちょうは、
「キムタクの総理大臣のドラマは、ここで撮影されていたのですか?」と質問。、
「いいえ、あれは全てスタジオのセットです。国会は商業目的では使用できません。
外から撮影することはできますが、中の撮影はセキュリティ上NGです。」
そうだったのですね!なるほど~。天皇陛下のお部屋もありましたものね。

国の中枢を垣間見ることができました。
つづく
[PR]
by Medisere | 2014-09-16 00:22


<< 医療刑務所体験記 続・デング熱知識講座 >>