続・デング熱知識講座

こんにちは、小倉です。
しゃっちょう、センスをお褒め頂きありがとうございます(苦笑)。

デング熱について、弊校の学生さん、知人、家族などから質問を受けます。
基礎知識の確認と備えをしっかりしましょう。

<デング熱>
デング熱は、デングウイルス(フラビウイルス科フラビウイルス属に属するデングウイルス)が
感染して起こる急性の熱性感染症です。
潜伏期間は多くは3~7日(長い場合は15 日程度)です。

突然の高熱で発症します。
初期症状は頭痛、眼痛、顔面紅潮、結膜充血を伴い、発熱は2~7日間持続します。
初期症状に続き、全身の筋肉痛、骨関節痛、全身倦怠感を呈します。
発症後3~4日後、胸部、体幹から始まる発疹が出現し、四肢、顔面に広がり、
症状は1週間程度で回復します。
なお、ごくまれに一部の患者において、
発熱後、血漿漏出に伴うショックと出血傾向を主な症状とする
致死的病態が出現することがあります。

ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、
蚊の体内でウイルスが増殖し、
その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します。
蚊を介しないヒトからヒトへの直接的な感染はありません。
また、感染しても発症しないことも多くみられます。

デングウイルスに対する特有の薬はありませんので、
対症療法となります。
デング熱に有効なワクチンはありません。
体内からウイルスが消失すると症状も消失し、予後は比較的良好です。
流行地に出かける際は、
蚊に刺されないように注意することが最も大切です。
長袖、長ズボンの着用が推奨されます。
                            (参考:厚生労働省)

自分のため、ヒトのために役に立ちたい、という使命感があれば、
知識も定着しやすくなります。
医療人として、正しい知識を持ち、予防の準備をしっかりしましょう。
[PR]
by medisere | 2014-09-11 21:07


<< 国会体験記 ファッションセンス >>