薬剤師的?デング熱知識講座

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

デング熱予防のため、新宿御苑が閉鎖というニュースが出ましたね。
ヒトでは簡易検査キットが不足してしまっています。

しゃちょうのブログにも書きましたが、獣医の友人の所には、
かわゆいペットがデング熱にかかっていないか?
という相談が相次いでいるそうですが、
ペット用の簡易検査キットは存在せず・・・

デング熱は人獣共通感染症ですので、イヌやネコも蚊によって感染します。
しかし、感染率自体が低く、
更にヒト以外の体内ではウイルスがうまく増殖できないので、、
感染してもヒトのように発症することはないそうです。

となると、やはり問題はヒト・・・

薬剤師的に今度は気になるのは伝播。
感染したイヌやネコの血を吸った蚊がヒトを刺すと、
デングウイルスが伝播するのでしょうか?(どきどきどき)

それも現時点ではその可能性はかなり低く、問題視されるレベルではないそうです。
(よかった!)

昔、留学中にデング熱で入院した友人がいます。
短時間で39度の熱が出て、手に赤いぽちぽちが出てきたそうです。
3日間、ひたすら点滴。対処療法しかないので、寝ているしかない・・・。
結局、1ヶ月ぐらい尾をひいたそうです。

カンボジアの医療支援に行くとき、私はいつも、電動虫除けを腕に巻いていました。
c0144883_23405759.jpg


でも、医療心理学協会理事長として、お勧めするのは、アロマです。

虫除けスプレーでももちろん良いのですが、身体への影響を考えると、天然の方が良いので、
虫除け効果のあるアロマを手首に少しつけて頂くだけでも効果的です。
ユーカリや、レモングラスがお勧めです。
虫除けスプレーの香りを漂わせるより、アロマを身につけるほうがオシャレですしね。

レモングラスはレモンのような香りがしますが、
レモンよりも甘く、爽やで、強い芳香をもっています。
心をオープンにし、精神的な疲れを開放して元気を取り戻してくれる役割もあります。

ということで、虫からも守ってくれて、更に精神的な疲れを癒やしてくれるなんて、一石二鳥!
お試しあれ!
[PR]
by Medisere | 2014-09-07 23:48


<< 国会体験記 模擬試験の効果的な受け方 >>