野心のすすめ

こんにちは。
メディセレスクール、病態・治療担当の川上です。
9月14日、モンスターハンターというゲームの最新作が発売されました。

モンスターハンターというのは、
クエストと言われるモンスター討伐依頼によりモンスターを狩るアクションゲームです。
本田選手のCMをご覧になった方も多いはず。



グラフィックがとても綺麗で、モンスターを倒したときに手に入る素材により
多彩な武器や防具を作成し自由にカスタマイズできるのでついついはまってしまうゲームです。
また、ゲーム内にアイル−と呼ばれる猫(たぶん猫ではない生き物の設定)がおり、
一緒に狩りに出たり、美味しいご飯を作ってくれます。
私はグレーのアイルーに昔飼っていた猫の名前(「どもんじょ」といいます。)をつけて
かわいがっていました。
さらにモンスターハンターについて知りたい方は下の動画をご覧下さい。




このモンスターハンターというゲーム。
受験生にとってはこのゲーム自身がとても手強いモンスター。
はまってしまうと勉強がおろそかになるのではないかと、
購入しない!
と心に決めているメディセレ生も結構います。
(えらいなぁ、と思います。)


このような甘い誘惑が目の前に出現したとき、
受験生は2つに分かれます。
それは、
目の前にある欲望(快楽)に直ぐに負けてしまう学生

そうでない学生です。

何が違うのでしょうか。

私の経験では、目の前にある快楽に流されない学生というのは、
大きな野望や欲望を持っています。

今の自分を変えたい!!
免許を取ってお金を稼ぎたい!!
二度と不合格は味わいたくない!!


強くそう思っています。

最近は本屋に行けば自己啓発の本が溢れていますが、
そういった本の類は受験生のやる気を起こさせることはありません。
予備校の講師も同じです。
たとえ一瞬のやる気を引き出せたとしても、直ぐにやる気は消え去ってしまいます。

6年生になったとき、予備校の受講申し込みを済ませたとき、
「よし!やるぞ!」
と思って勉強をスタートします。
しかし、勉強というのはそういつもいつも上手くいくわけではありません。
理解に苦しんだり、成績が思うように伸びなかったりすることもあります。
面白いことばかりではありません。
そういうときに、つい授業を欠席したり、
今まで継続してきた折角の努力を怠ってしまったりするのです。
そして、目の前にある快楽に流されるのです。
本来人間は楽な方へ楽な方へといくものですから。

一方、勉強を継続し、合格を手にする学生は
強烈な欲望、野心があります。
目の前にある快楽など、取るに足りないような大きな欲望が。


たとえば、今、自分の大好きな人が
「オレ、細めの子が好みなんだよねぇ」と言ったとします。
そんなときに、ケーキバイキングに行き、ヤマほどのケーキを食べて
「これは別腹よ♪」なんて馬鹿なことを言う人はいないでしょう。
そんなときにケーキバイキングに誘われたとしたら、
むしろ行きたくないな、と思うのではないでしょうか。

目の前の快楽に負けるひとは、
大きな願望を持っていません。


絶対にこうなりたい!
あるいは
絶対にこうはならないぞ!
という強い思いがありません。
ですから、目の前の快楽に負けてしまいます。

メディセレに通う学生の多くはよくわかっているのです。
「薬剤師免許があった方がよい」ことぐらい。
勉強しないといけないこともよくわかっています。
だから、私はメディセレ生に
「勉強しなさい!」とは言いません。
言ってもムダです。
(保護者のみなさまも言わないようにいたしましょう。)
勉強しろ、と言って勉強するのであれば今の日本は秀才だらけです。

勉強しなさい、とはいいませんが
自分の人生はリアルにイメージをしましょう
と言います。

目の前の快楽に走る学生は「薬剤師免許が人生を豊かにしてくれること」
を本質的に理解していなかったり、リアルに想像できていません。

一度、社会に出てお給料をもらった人であればとてもリアルにイメージできます。
お給料をもらうということはとても大変な事です。
薬剤師手当が月に10万円(もちろん職場によって差がありますよ)支給されているのを目の当たりにすれば
薬剤師免許などの資格の希少価値を身にしみて知ることができます。
それをあと一歩で取得できる位置にいます。
そこで目の前のとても小さな快楽に流されるのはとてももったいないことです。

私が時々、「強いな〜。」と感心させられる学生がいますが、
そういう学生さんは強烈に「今の自分を変えたい!」と思っています。
あるいは、資格のすごさを本当によく知っています。
そういう学生は目の前の誘惑には全く心を動かしません。

今、ちまたでは林真理子さんの「野心のすすめ」という本がベストセラーになっています。

c0144883_1384888.png


私は受験生には野心が必要だと思います。

今は受験生にとってある意味モチベーションを維持しにくい時代になっていると思います。
食べるものや着るものに困ることはほとんどありません。
私が見ていても、「本当に学生!?」と思うほど豊かな生活をしている子もいます。
いろんなところで満たされています。
そんな中では、野心は育ちにくいでしょう。
人は変わる必要性を強く感じなければ、行動を起こし、それを継続することはできません。

数年後、自分はどうしていたいのか。
どのような生活を送りたいのか。
どんな人間になりたいのか。
具体的にイメージして、大きな野心を育てて欲しいと思います。

Pharmacy students, be ambitious!


ambitiousは「大志のある」と訳されますが、
本質的な意味は「大望、野心のある」です。
[PR]
by Medisere | 2013-10-08 13:10


<< 本日は模擬試験解説講義 秋は… >>