OTCを学ぶ その2

こんにちは。
メディセレスクール教務部長の川上絢美です。
(その1はコチラ→OTCを学ぶ その1

先月(9月15日)、メディセレ東京校で
「次世代の薬剤師を創る会」
という薬剤師の勉強会を開催しました。
早いもので今回で11回目を迎えます。
さて、今回のテーマは、「OTCを知る」です。
OTC医薬品は、薬局薬剤師医にとっても、病院薬剤師にとっても、
そして私のような非臨床薬剤師にとっても、日常的に相談を受ける分野です。
しかし、そのわりに大学教育ではほとんど触れられませんし、
OTCについて体系立てて書かれた教科書もありません。
OTCは一番身近にある医薬品なのに、これらに詳しい薬剤師は少ないのが現状です。
私もその一人です。
そんな現状を鑑みて、メディセレではOTCのスペシャリストに
経験を交えながら講演いただくこととしました。

今回、講師としてお招きしたのは、OTCの鬼!
鶴見 健先生です。
c0144883_13444840.jpg


鶴見先生のご経歴は少し異色です。
大学院の修士課程を修められた後、
どうしてもOTCをやりたい!
ということで、恩師の反対を押し切って大手ドラッグストアに就職されました。
大半の薬学生が病院か調剤薬局、あるいは製薬企業に就職します。
そんな中で、薬学修士でOTCを希望する鶴見先生はまさに異端児!
他を圧倒するOTCへの情熱により、
現場では「鶴見先生からしか商品を買わない」という熱烈な支持をうける
地元のカリスマ的存在となりました。
販売実績1位にも何度か輝き、
表彰もされています。

まさにOTCの鬼!!
鬼の講演内容は、ケーススタディで、すべて実践的なものばかり。
ぜひ、自分がドラッグストアで、
お客様(患者さん)相談にのっていることをイメージしながら読んで下さい。
きっと皆さんの役立つと思います。

※ OTC医薬品
英語の「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しにお薬を販売するかたちに由来しています。薬局・ドラッグストアなどで販売されている医薬品で、医師の処方箋がなくても購入できます。法律的には「一般用医薬品」と表現されており、通称「大衆薬」あるいは「市販薬」と呼ばれてきましたが、2007年より「OTC医薬品」に呼称が変更・統一されました。



ケース4 
胃痛で来店した50歳代の男性、太田胃散を常用している。
会話から、現在高血圧の治療中であることがわかった。


知らない人はいない、太田胃散。
c0144883_11283777.jpg


CMのこのテーマ曲はおなじみですね。
ショパンの「前奏曲(プレリュード)第7番イ長調」全体で約40秒という、
あっという間に終わる曲。
クラッシックにしては驚きの短さです。



「自分は、◯◯(OTCやサプリメント)を飲んでいるから大丈夫。」
「いやぁ、毎日◯◯を飲まないと調子がでなくって!」
などという患者さんをOTCの現場ではしばしば見かけます。
やや精神依存気味の患者さん。
実際、私の友人にも毎日マグミット(酸化マグネシウム)をネットで大量に購入し、
服用していた人がいました。
毎日これを服用しているから快便なのだと…。
マグミットのような下剤は、
必要なときだけ服用するのが正しい服用法です。
このように一般の方の中には、OTCは「医薬品ではない」、
あるいは「作用が弱いから毎日飲んでも大丈夫。」
とサプリメントや栄養補助食品のように思っていらっしゃる方がいます。

これは大変危険です。

このケース4の患者さんはまさにそのようなパターンの患者さんです。
太田胃散を毎日飲んでおり、
これを飲んでいるから今の状態が維持できているとおっしゃるのです。
実は太田胃散は、メントールが添加されており、
メントールのすっきり感が気に入って常用している方(ファン)が結構いらっしゃいます。
また、成分が生薬中心ですので、
天然成分というところに過大な安心感を抱いている方も多いです。
では、ここで太田胃散の成分を見てみましょう。

太田胃散(1回量 成分1.3g中)
ケイヒ92mgウイキョウ24mg
ニクズク20mgチョウジ12mg
チンピ22mgゲンチアナ15mg
ニガキ末15mg炭酸水素ナトリウム625mg
沈降炭酸カルシウム133mg炭酸マグネシウム26mg
合成ケイ酸アルミニウム273.4mgビオヂアスターゼ40mg
<添加物>
l-メントール


この成分表で注目していただきたいのが、炭酸水素ナトリウムです。
1.3g中に625mg含まれています。
これを成人の場合は1日3回服用しますから、
炭酸水素ナトリウムの量(g)は、
625mg×3=1875mgです。

このうちの27.4%がナトリウムですから、
約514mgのナトリウムを1日に摂取する
ことになります。

1日あたりのナトリウムの摂取基準は600mgです。

太田胃散を服用するだけで、摂取基準のナトリウムを摂取したことになります。
この方の高血圧の原因はこれかもしれませんね。
たとえ太田胃散が原因でなくても、
ナトリウムの摂取は血圧上昇の要因となりますから
服用は控えるのがよいでしょう。

最近はナトリウムフリーの胃薬がたくさんありますので、
この方にはそちらをオススメしましょう。
OTCの中には意外と多くのナトリウムを含む医薬品がありますから、
高血圧などの既往があった場合は、注意が必要です。


ケース5
 60歳代後半の女性
「骨粗鬆症の予防に肝油がいいと聞いた。
ワルファリンを飲んでいますが、一緒に飲めますか?」


ノスタルジックな雰囲気のカワイの肝油ドロップ。
c0144883_11344727.jpg


骨粗鬆症に肝油がよい、などとは初耳ですが…。肝油の成分を見てみましょう。

カワイ肝油ドロップS(2粒中)
ビタミンA4,000国際単位ビタミンD400国際単位
<添加物>
カンテン、クエン酸、白糖、ブドウ糖、ペクチン、水アメ、グリセリン、クエン酸ナトリウム、香料、アラビアゴム


おそらく、ビタミンDが含まれているので、
骨粗鬆症の予防に有効ということなのでしょう(エビデンスはないですが…)。
ワルファリンとの相互作用ではビタミンKが有名ですが、
一見したところ、ワルファリンとの相互作用はなさそうなので、
問題ないように思われます。

しかし…
皆さんはこの肝油ドロップ、服用されたこと(食べたこと)はありますか?
これ、第2種指定医薬品なのに、
バナナ風味のハードグミでとても美味しいのです。
しかも、患者は「骨粗鬆症の予防」と言っているので、
医薬品ではなくサプリメントの様な感覚で肝油ドロップを認識している可能性が高いです。

ということは…

おやつ感覚でパクパク食べてしまい、
過剰摂取になる可能性があるということです。

ワルファリンの添付文書には、
大量のビタミンAはワルファリンの作用を増強させる可能性がある
ことが記載されています。
したがって、(医薬品ですから当然ですが)
服用するならば用法・用量を必ず守って服用していただかなければなりません。

「肝油ドロップは、ドロップだけど、れっきとした医薬品です。
用法・用量をきちっと守って飲む分には問題ないですが、
たくさん食べないようにして下さいね。」

という説明と指導が必要です。


ケース6 
H2拮抗薬と制酸剤を処方されている50歳代の女性。
「便秘気味なのでコーラックを下さい。」


私はコーラックを服用したことがあるのですが、
あまりの腹痛と冷や汗、頭痛がしたので二度と服用しないと心に決めています。
(これはあくまで個人の感想です。)
皆さんはこのケースの問題点がわかりますでしょうか。
コーラックはピンク色のフィルムコーティング錠です。
胃(酸性条件下)で溶解しないよう
5層のフィルムでコーティングされた腸溶錠です。
H2拮抗薬と制酸剤を服用すると、胃内pHが上昇します。
すると、コーラックが胃内で溶解し、嘔吐や胃痛を生じる可能性があります。
服用時間をずらすなどの工夫が必要です。



ケーススタディーがつきないのがOTCですが、
今回は時間もありここまでです。講演のあとの質疑応答も大変盛り上がりました。
そんな質疑応答も少し紹介しておきます。

質疑応答
質問1.鶴見先生はどのようにしてOTCを勉強されたのでしょうか。オススメの書籍などあれば教えて下さい。

鶴見先生:教科書は残念ながらありません。OTCで大切なことは、失敗から学ぶことです。僕はたくさんの失敗を繰り返しました。その結果いろんな事を学びました。いろんな患者さんにいろんな文句や苦情も言われましたしね。


質問2.先ほど、「失敗から学ぶ」とありましたが、鶴見先生が実際に受けたクレームにはどのようなものがあったのでしょうか。

鶴見先生:一番多いのは、「お前が勧めたこの薬、全然効かないじゃないかっ!」ってやつですね。薬の箱を投げつけられたこともありますよ。


質問3.差し支えなければ、鶴見先生がオススメした薬で「効かなかった」と言われたものを具体的に教えていただけますか?

鶴見先生:抗アレルギー薬ですね。抗アレルギー薬はどうしても個人差が大きいですから。



鶴見先生、ありがとうございました。
今回の「OTCを学ぶ」、いかがだったでしょうか。鶴見先生の講演は大変好評で、「ぜひ次回も!」というご要望を多数いただいております。興味のある方はぜひメディセレの「次世代の薬剤師を創る会」にご参加下さい。


勉強会終了後、メディセレ卒業生とともに…
c0144883_1141538.jpg




オマケ
次世代の薬剤師を創る会の前夜、
電話対応する藤田講師。
c0144883_11412636.png


次世代の薬剤師を創る会です…
[PR]
by Medisere | 2013-10-06 11:43


<< 秋は… OTCを学ぶ その1 >>