記憶力アップ法

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

誰もが手に入れたい記憶力。
これをアップする方法が米科学誌サイエンスで発表されました。
その方法はなんと・・・「空腹」

しかし、その科学的の根拠となった対象者は「ハエ」。笑

特定のにおいと電気ショックを同時に与えると、ハエは二つを関連付けて記憶し、においを避けるようになる。しかし、記憶は短期間しか持たず、1日後には忘れることが分かっていた。

そこで、研究チームはハエを絶食させて実験。
絶食時間が9時間の場合、においを避けたハエは満腹のハエに比べ約1.5倍多くなった。
16時間では約2倍に増えたが、
絶食が20時間以上になると減り始め、極度の空腹は逆効果になることも分かった。

とゆーことは・・・
16時間が最適時間。
国家試験前日の19時に夕食を食べて、20時に食べ終わる。
とすると、昼の12時まで食べない方が良い?
では、朝ご飯は抜いた方が良い??
しかし、ここで昼ご飯を食べると記憶力は低下する???

ん・・・・?(悩)
あっ!こほん。
すみません、みなさんを余計悩ませてしまいましたね。汗
ここまで厳密にする必要はないと思います。
「食べ過ぎると、記憶力は低下する」
ということですね。
 
また研究チームは、空腹時にインスリンが低下すると、
記憶に関わるたんぱく質「CRTC」が活性化し、長期記憶が向上するとみられることを突き止めた。
しかも、この研究をなさったのは、日本人。
平野恭敬東京都医学総合研究所主任研究員らのチームが突き止められたとのこと。
嬉しいですね、日本人!

空腹と記憶力に関連があることを実験で確認したのは世界で初めて。
平野研究員は「ヒトの記憶はより複雑で注意が必要だが、似た仕組みがあるかもしれない」と指摘。
記憶力を向上させる薬の開発につながる可能性もあるという。

すごいですね。日本人!

暗記パンではなく、暗記薬が開発されたら、バカ売れ間違いなしですよね!
でも、その薬がでる前に国家試験を受けなければいけない皆さんは、
空腹を強い味方にして、記憶力を高めていきましょう!
[PR]
by Medisere | 2013-01-28 09:26


<< へびと薬学 倒し方 >>