救急救命!

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。
8月6日、大阪淀川花火大会が開催され、60万人が訪れました。
今年、その花火大会での救護担当委員長の拝命を受けた私は、救急救命講習会に参加しました。
応急手当ガイドラインなるものを頂き、
c0144883_16332925.jpg

講義を聞き、その後実技。
人工呼吸用携帯マスクを配布されました。
c0144883_16345654.jpg

直接マウスツーマウスで人工呼吸した場合、
おう吐物が邪魔になる事もあるため、
携帯用マスクを持ち歩くようにと・・・なるほど。
c0144883_16342593.jpg

映画のようなドラマチックさはなく、現実的です。

さぁ、レスキュー人形を使って、本格訓練です。
吹き込む息の量や心臓マッサージの強さまで図る装置付き。
c0144883_16371668.jpg

レスキュー人形、その名は「ANNE」。
ちょっと、お顔が気になるのですが・・・。
c0144883_1636098.jpg

実はこれはまぢな「デスマスク」。リアルです。

彼女を使っての訓練ですが、やってみると難しい。
c0144883_16421023.jpg

強すぎると肋骨を折ってしまいますし、弱すぎると効果がない。
しかも意外に重労働。
「委員長、もっと息を吹き込んで!」などと怒られながら・・・。
もう、やけくそ。
「アンジェリーナ、アンジェリーナ!」と意識確認をしながら・・・汗かいてきました(笑)。
これはみんな、一度はやってみないといけないと思いました。

こんなにアンジェリーナ(正式名ANNE)とお近づきになったので、
もっとアンジェリーナの事が知りたい!
と思った私はお願いして、彼女の腹の内を明かしてもらいました。
  ↓
c0144883_164420100.jpg

腹の内がわかっても、
いつもクールな表情のアンジェリーナの本当の素顔を知りたい!
  ↓
c0144883_1646326.jpg

最後にアンジェリーナの日常を知りたい!
  ↓
c0144883_16503597.jpg

移動中のお姿。
アンジェリーナの全てを知ってしまいました・・・。
救急救命の先生に、「そんなところまで見せて欲しいと言われたのは初めてです」とのこと。
すみません。笑

続いてAEDの講習。
c0144883_1648773.jpg

全て機械が次の指示をしてくれるので、簡単かと思っていましたが、
実際に訓練した時、つい気持がこもってしまいました。
最後にボタンを押してくださいとの指示を受け、躊躇してしまいました。
現場で本当にこんな場面があった時、自分は躊躇なく押せるだろうか?
人の命がかかっているのです。
これを押すことは間違えていないのだろうか?
意識改善しなければどうしようか・・・。
など色んな思いが巡りました。
終了後、免許証が送られてきました。
c0144883_16515839.jpg


花火当日、救護担当は8部隊にわかれて配置につき、
私は本部に詰める事になりました。
救急車は5台待機し、万全の態勢です。
c0144883_16484739.jpg

「熱中対策水(レモン味)」も用意しました。
c0144883_16492129.jpg


ボランティアに連れて行ったメディセレスクール生が
有料観覧チケットをもらったので、来ているはずです。
何も起こらない事を心から願い、
でも何が起きても良いように準備は怠りません。
夜空のキャンパスに描かれた素晴らしい絵。

花火は芸術ですね。
その芸術に60万人が酔いしれた後、救護班の出番です。
「携帯をトイレに落とした!」
「ペットの犬が迷子に!」
それ、救護班に言いに来る?
という、救護班の活動を問いなおしたいような事案もこなしながら、
「モノと動物」救護に忙しくすごし、
浴衣の帯がきつくて苦しいの・・・
と、ママ的な事例もたくさん。
しかし、救急車の出動はなく、終わりホッとしました。
c0144883_174764.jpg

[PR]
by Medisere | 2011-08-30 17:04


<< OSAKAあかるクラブ クラブ... しゃっちょうのニューヨーク体験... >>