しゃっちょうのニューヨーク体験記~ナイアガラの滝~

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

さて、私は国連での会議に参加するため、先日NYに行きました。
所要時間17時間半、時差13時間。日本と昼夜逆転です。

今回、私はガイドブックなるものを買い、機内で読んだので、
ナイアガラの滝がニューヨーク州にあり、
JFK空港から飛行機で1時間の距離ということを知りました。
・・・・いぎだい~!
NY到着時よりナイアガラに行く機会を伺っていました。
4日間の会議期間中のなかびにそれは訪れました。
この日はさぼり!
ということで、前日に予約をして、行ってきちゃいました。

ナイアガラの滝はNY州にあるのですが、アメリカ側から見ると側面になります。
そこで、バスでカナダの国境を越えて、
c0144883_17374971.jpg

正面から見ました。
c0144883_17391741.jpg

豪快です!世界一のマイナスイオン発生地。
偏頭痛や不眠に効果があります。笑
アメリカ側からのナイアガラの滝を満喫するには
c0144883_17503836.jpg

こんなギリギリ・ナイアガラ体験や
c0144883_17525287.jpg

こ~んなギリギリ・ナイアガラ見学をしていらっしゃいましたが、
カナダ側からのナイアガラ満喫プランは
1846年からある遊覧船、その名も「霧の乙女号」。
c0144883_1757889.jpg

全員にカッパが支給され
c0144883_17583977.jpg

いざ出発!
c0144883_1803986.jpg

さぁ、近づく
c0144883_1812697.jpg

近づく近づく!
c0144883_1815366.jpg

近づきすぎやん!
c0144883_18191378.jpg

ぎゃー!びしょびしょ~!!
滝のような雨!ちがう、滝そのものぢゃん!!
現地でお友達になった水もしたたる「霧の乙女たち」と共感!
c0144883_1861855.jpg

すごい迫力だったね~。
ビショビショになりながらも、滝の迫力を身近に見れて、大満足です。

ナイアガラの滝はこんなに凄いのに、世界遺産ではないんですって。
それは人の手が加わっているから。
人の手を加えないと、どんどん水の勢いで岩が浸食されて、
滝の幅が拡がりつづけてしまうんですって。

展望スペース「テーブルロック」から滝を上から見ました。
c0144883_1892960.jpg

すごいですよ。呑み込まれそうです。
滝の周りは鳥がたくさんいました。
それは魚がうっかり?滝から落ちてしまうと、失神するので、
その失神した魚を鳥が狙っているのだそう。
ちなみに、人間が万が一、滝から落ちてしまうと、3年は見つからないそう・・・。怖。
NYという大都会から1時間で、この大自然。
どちらも大迫力です。
c0144883_18144931.jpg

珍しくナイアガラに虹までかかりました。いーもの見せてもらいました。
皆様も死ぬまでに一度は見に行ってください。
全貌が見えるカナダ側のほうが、霧の乙女がお勧めです。

つづく
[PR]
by Medisere | 2011-07-05 18:20


<< しゃっちょうのニューヨーク体験... しゃっちょうのニューヨーク体験... >>