バースデーカラー

こんばんは。
大阪校・事務担当の倉元 淳(姉)です。
今日で5月も終わりですね。
今年は近畿地方も関東地方も既に梅雨入りしました。


おとといの日曜日。
台風で大荒れの天気の中、
フィリピンはマニラから、しゃっちょうが帰国されました。
ご無事で何よりです。
先週、「私、今週末マニラに行かないと」と仰り、
ピョーンと行ってピョーンと帰ってこられました。

・・・ってサラッと書きましたが、
マニラですよ、マニラ!
パスポートが必要なところですよ!
(私の記憶が確かならば、チュニジアに行かれた時も
空港に向かう電車の中で、「チュニジアってアフリカなの?」
と気づいた、という伝説があります。
しゃっちょうにとって、世界は広いのでしょうか、狭いのでしょうか。。。)



本日、お土産をくださいました。
しゃっちょう、ありがとうございます!!


その中で、お野菜たっぷりの(写真だけかもしれませんが)スナックを食べるしゃっちょう・・・。


c0144883_2053157.jpg



目が死んでいます。
何故買ってこられたんですか・・・。
(でも意外とおいしかったですよね、しゃっちょう。ありがとうございます。そして野菜も食べてください。)


さて。
そんなしゃっちょうですが、実際にはどんな人なのでしょう。
絢美先生の“しゃっちょうを見た!”シリーズでもしゃっちょうな一面を垣間見ることができます。
私は、先日実家で発見した『誕生色辞典』なるもので
しゃっちょうの誕生日の色を調べてみることにします。


マラカイトグリーン


c0144883_20553086.jpg



キーワードは

情熱的な瞳
ユーモア
静寂

です。


「異性を引きつけずにはおかない」とあります。

しゃっちょう、すげぇ。

また、「装飾的で寓意的な弁舌を弄する異性をひどく嫌います」

男性陣、気をつけてください。
しゃっちょうにおべんちゃらは通用しません。


では、いつも“しゃっちょうを見”ている絢美先生はどうでしょうか。


桜色


c0144883_20574342.jpg



キーワードは

愛情
思いやり
健全


なんと。
みなさん、絢美先生についていけば間違いないですね!
私も感動を求め、絢美先生についていきますね!(ハードル上げちゃいました)

しかし、この「例」って何なんでしょう・・・。
落語家とか書いてありますよ、絢美先生。
おピアノではなく、落語を聴かせてください。



もう一人だけ見てみましょう。


マロー


c0144883_20584114.jpg



キーワードは

直感的性質
高尚な趣味
主観的


さぁ、誰でしょう?




















答えは小倉先生でした。


心の友人を求めるロマンチスト、小倉佑介が、
今週末の「次世代の薬剤師を創る会」で講演を行います。
詳しくは→こちら 
 ※認定シール3点もらえます。残席わずか!お申し込みはお早めに。

NRでもある小倉先生が、「栄養指導」と題してお話をされます。
小倉先生、お野菜を食べないしゃっちょうにも、是非栄養指導をお願いします。


話は逸れましたが、先程のマローな小倉先生に心の友人が増えることを願っています。
小倉先生の趣味は路地裏散歩です。
高尚な趣味・・・なのか?


この『誕生色辞典』、メディセレ大阪校に置いておきますね。
勉強の合間に、話のネタに、自分や友達の誕生色を見てみましょう。
新たな一面を発見するかも!?
[PR]
by Medisere | 2011-05-31 21:29


<< ある東京校の一日 つらい世の中を面白く生きるのは... >>