ニーズに応える

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

まだまだ原発が気になるところですが、皆さん、大丈夫ですか?
危機だからこそ、みんなで助け合って、頑張っていきましょうね。

さて、私は宮城と岩手の被災地の方々と連絡を取り合い、支援物資を送っているのですが、
現地のニーズは日々変わってきます。

はじめは水、乾パン、無洗米などでしたが、
長靴、スコップなど作業物になり、
防寒具になり、
風邪がはやりはじめ、医薬品になりました。
すぐ、薬局の社長さん達に、協力を要請。
マルゼン薬局の村田社長や、ニシイチドラッグの西本社長は
次の日に社長自らがメディセレに薬を持ってきてくださり、
「また、何かあれば言ってください!」
といって去っていきました。
素晴らしい男気。
こういうときは人間の本質がよく見えます。
本当にありがたかったです。
c0144883_17372678.jpg

大喜びでありがたく送らせていただきました!

さて、昨日は「パンツなどの下着類がなく、困っています。中古でも可。」
と現地から来ました。
中古でも可って、募りにくい・・・
でも、それだけ切実なんですよね。
わかりました。下着屋の社長の知り合いは・・・
いないか。
なんとか調達して送りますからね!
[PR]
by Medisere | 2011-03-25 16:47


<< 薬剤師国家試験合格発表所感 できることをやっていこう! >>