悔いなき人生

こんにちは。メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

薬学生は普通の大学生よりと~っても大変。
だって、国家試験があるから。
でも、国家試験に合格し、薬剤師になれば、
就職氷河期でも、就職に困らない。

頭ではわかっていても、勉強をすることは辛い。
国家試験を超えることは精神的に辛い。

年末に向けて、心が辛いと声を上げ始めているひとが増えていると思います。
なんで、こんなに大変な想いをしなければいけないのか?と思っているひとに・・・。

ひとは必ず死にます。
人類が始まってから、不死を多くのひとが望みましたが、どんなに医療が進んでも、
どんなに科学が進んでも、ひとはいつかは死ぬのです。

だから、この人生は1つしかない。

故に、ひとは悔いなき人生を送りたいと思い、願う。

では、悔いなき人生とは?

「あのとき、こうしていれば・・・」
というものが1つもない人生・・・。
それは不可能。

ひとは必ず失敗や挫折を味わう。

だから、
「あの失敗があったからこそ」
「あの挫折があったからこそ」

と言える人生が、悔いなき人生ではないだろうか。

私も国家試験に落ちたからこそ、今がある。
ひとにいえない苦労がたくさんあったからこそ、今、社長として自信を持って歩んでいける。

そう、今、みなさんにふりかかっている困難は、
「あのとき、辛かったからこそ・・・」に繋がっている。

失敗は成功の素。
困難は幸せの素。
辛いことがないと、楽しいことにも気づかない。

楽しいことのために、辛いというものを味わっておきますか。
チョコレートとポテトチップを交互に食べたら、うまみが増すよ。

悔いなき人生のために・・・。
[PR]
by Medisere | 2010-11-26 16:50


<< しゃっちょうが来た! 医療薬学会報告 vol2 >>