医療薬学会報告 vol2

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

さて先日、私は川上絢美講師と千葉の医療薬学会に参加してきました。
1日目は「カンボジア医療支援」のポスター発表をし、
2日目は「現場薬剤師から見た国家試験」のポスター発表をしました。
現場病院薬剤師と薬局薬剤師に国家試験の実務の範囲30問を解いていただき、
問題への意見をいただき、メディセレスクール生との正答率を比較し、
今後、こんな問題が国家試験には必要ではないか?
学生よりも現場薬剤師の正答率が低いので、ここは現場薬剤師が勉強した方がよいのではないか。
など、勝手ながら分析させていただいております。

私は武庫川女子大学社会人大学院に行っていたのですが、2007年卒業の7期でしたので、
私が勝手にムコセブンと名付け、卒業後も同期達と仲良く勉強会などをしたりしているのですが、
ムコセブンメンバーでランチをしようと、豪華ニューオータニのおランチをさせていただきました。
c0144883_16543229.jpg



みんなの現場での様子を聞き、がんばってるな~と感心したり、大変だな~と思ったり・・・。
近況報告と情報交換をいっぱいして、いざ発表へ。

ついついムコセブンメンバーとのおしゃべりに夢中になり、少し遅れて会場に行きますと、
カンボジア医療支援よりもたくさんの人だかりが・・・
絢美ちゃんが一生懸命説明してくれています。
c0144883_13204644.jpg


昨年度、学会に出させていただいたときは、出題委員の先生も見に来てくださいましたが、
6年制薬学部の1期生(5回生)が実習に出ていますので、現場の先生達も国家試験に興味津々。
大学の先生だけでなく、非常にたくさんの現場の先生達が見に来てくださり、
私も驚きました。
そして、みなさんニヤニヤと・・・
だって、不合格の点数になる先生もいますから。
自分の実力を試してみたいけど、不合格の点数だったらへこむよね~。
とワイワイとみなさん見てくださっていました。

先日、メディセレの模擬試験が終わりました。
点数がよくなくて、落ち込んでいる人もいますが、
3月に合格できるだけの知識を持てればよいのです。焦らないでください!
今、合格点をとっていなくてもよいのです。
また、現場に出ると、国家試験で勉強した広く浅い知識から
深い知識になることで、狭いところ以外を忘れて、今、受けたら国試おちてるや~ん!
て人も多いことが論文を通して発覚しておりますから。笑

マイペースでいいです。
焦らなくていいです。
少しずつ知識という武器を自分のものにし、使えるようにしていきましょうね。
c0144883_1763449.jpg

[PR]
by Medisere | 2010-11-25 16:49


<< 悔いなき人生 あと・・・・101日 >>