よく効くお守り(*^_^*)

こんにちわ。
物理化学・物理薬剤学・薬物動態学・製剤学担当の横田修です。


日本国民が一体となって応援したワールドカップも終わり、
蝉の鳴き声が鳴りやまない季節に突入しました。

いきなりとても暑くなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、国家試験は3月にありますが、本番に近づくいてくると、
勉強以外にこんな質問を受けたりすることがあります。

「何かいいお守りはないですか?」と…


といことで、今回はそのお薦めのお守りを紹介させていただきます。


京都の嵐山の方面に鈴虫寺という臨済宗のお寺があります。
正式には、「妙徳山 華厳寺(けごんじ)」といいます。

鈴虫寺は、名前の通り一年中鈴虫の声の鳴りやむことがないお寺です。
鈴虫を飼っている箱には何千匹もの鈴虫がいます。


そして、このお寺には「幸福地蔵大菩薩」という「わらじ」を履いたお地蔵さんがいます。

c0144883_1317225.jpg


※わかりにくいかもしれませんが、わらじを履いてます。

c0144883_13181948.jpg



このお地蔵さんがわらじを履いている理由は、
お願い事した人の自宅を一軒一軒回って、その願いを叶えてくれるからだそうです。

そのため、お願い事をするとき、自分の「名前」と「現住所」も一緒に言わないといけません。
お地蔵さんは携帯電話を持っていないので、電話番号はいらないそうです(笑)

これがお守りです。

c0144883_13192457.jpg



お願いをするときは、このお寺のお地蔵さんの方向を向いてお守りを両手で挟み、
幸福御守の「」の字を出してお願い事をします。
お願い事は一つだけです。欲張ってはいけません。

c0144883_14122585.jpg


【協力】常にお手入れをかかさないエガちゃん(沓掛先生)の美しい手です。


試験直前は精神的にも肉体的にも限界に近づき、
とにかく何かに頼りたくなると思います。
そんなつらいときの心の支えになってくれると思います。

私はこのお守りのおかげか、大学院の入学試験、
薬剤師国家試験等を無事にパスすることができました。

ちなみに、お守りは災いから自分の身を守ってくれるものなので、
財布や定期入れなど常に持ち歩くようにしましょう。


アクセスは、阪急嵐山線松尾駅から徒歩15分です。
もう少ししたら、皆さんの合格祈願に行きたいと思っております。
お時間があるときに立ち寄ってみて下さい。結構、効果ありますよ☆彡
[PR]
by Medisere | 2010-07-22 14:12


<< 身体活動up (歩数計) 2010年度 BSコース懇親会 >>