最後のマンガ展

こんにちは。

お世話になった家に別れを告げ実家に帰る学生さんが挨拶に来てくれる毎日です。
そして「最後に大阪どこ行ったらいい?」
そんな風に聞かれるわけです。


例えば、ベタベタに道頓堀に行って、
c0144883_11273597.jpg



「戎(えびす)橋」のグリコをみたり、
c0144883_1130048.jpg





武蔵を見たり、

ん!?
「武蔵?」














c0144883_11303190.jpg





「来いっ」

・・・というわけで、急遽変更。

大阪の思い出にこんなプランもあります。






井上雄彦先生の「最後のマンガ展

c0144883_11311234.jpg



上野(東京)、熊本でも開催されていたのですが、あいにく行くことは出来なかったです。
しかし青春をともにしたSLUMDUNK(スラムダンク)世代の私は、
その画を是非ひと目みたいと思っていました。


まず、入口には壁面いっぱいに武蔵が出迎えてくれます。
c0144883_11322462.jpg



これも井上先生が壁に墨で描いた作品です。
眼の眼光などすごい迫力と生命力を感じます。


中は大小様々な大きさの絵があり、それが漫画として一貫したストーリーを成しています。
単なる漫画ではなく、
入口の画も含めて一つ一つ力のある画で素晴らしいものがありました。
ゆっくり見て回ることをオススメします。


c0144883_1133787.jpg

出口では、今一度武蔵が出迎えてくれ、ここで一緒にプリクラを撮れます
(人気ありすぎて故障していました)。



光、影など空間演出も細部までこだわってあり、
力強さを感じ、また心温まる気持ちにさせてくれる展覧会でした。


帰る直前に展示会のグッズ売り場があって大変な賑わいを見せていましたが、
展示会とは関係のない手ぬぐいに惹かれ数枚買ってしまいました。
c0144883_11421476.jpg



大阪は、3月14日(日)までで期間がありませんが
次は、5月~仙台でも実施されます。
大阪の思い出に、またお近くの方は是非、足を運んでみてください!
[PR]
by Medisere | 2010-03-13 12:18


<< 箱庭療法 メディケーキ >>