メディキャンディ

こんにちは。
衛生薬学担当の小倉です。

学生さんの合格を祈願したアメ(メディキャンディ)を作りに、
名古屋の「まいあめ工房」さんを訪ねました。


c0144883_15404012.jpg
c0144883_15405352.jpg
c0144883_1541453.jpg



従業員は全員で7名。
メディセレと同じように、チームワークあってこそのプロ集団です。


パーツごとに分けて作り、最後に合体して一つにします。
今回、「Medi」の「e」が他の文字より大きく変形しているので、
職人さんもかなり悩んでいました。

ちなみに、過去一番難しかったのは漢字五文字(何の漢字かは不明)です。
小さなアメにした時に、読めなくなる危険が高かったのです。


それでは、いよいよ作業の開始です。

1.味付け・色付け
ベースとなる色をつけます。

c0144883_1542018.jpg
c0144883_1542979.jpg



2.組上げパーツ分け
文字となるパーツを分けます。
このパーツの長さ、大きさはすべて職人さんの頭の中にあります。
それを職人さんが経験と勘を頼りに意思の疎通で作り、見事に合体させます。
すごい技術です。

c0144883_15424988.jpg
c0144883_154397.jpg



3.組上げ文字合わせ
パーツを一つにします。
アメは時間が経つと固くなるため、チームワークとタイミングが重要です。
全員のイメージが一つになる瞬間です。

c0144883_15435358.jpg
c0144883_154432.jpg
c0144883_15441230.jpg



4.組上げ外層付け
あっという間に肉付けされ形ができました。
この時点で文字もはっきり見えていますね。

c0144883_15445026.jpg




5.成型回転+文字浮きだし
最後の難関です。
引き延ばした時に文字が見えなければ台無しです。
最後まで油断せずに細部まで注意を払います。

c0144883_15452213.jpg
c0144883_15453198.jpg



6.延ばし・切断
アメを伸ばし、細断します。
この大きなかたまりからおよそ4,000個のアメが出来上がります。

c0144883_1546513.jpg
c0144883_15461228.jpg
c0144883_15461816.jpg
c0144883_15462448.jpg



7.検品
割れたり、欠けたりしていないかどうか人間の目で確認です。
やはりこれが確実なのですね。

c0144883_15464989.jpg
c0144883_15465617.jpg


当日、中学生がボランティアでお手伝いに来ていました。
とても優しく良い子ばかりでした。
c0144883_1555587.jpg


c0144883_1556123.jpg


!?
中でも、僕にとっては弟のように共感できる子でした(笑)
c0144883_1651529.jpg



8.乾燥+包装
機械で乾燥、包装します。
c0144883_15474722.jpg
c0144883_15475581.jpg



9.検品+袋詰め
最後に異物混入を確認し、袋詰めです。
c0144883_15482256.jpg
c0144883_15483097.jpg



10.完成
最初の形からここまでおよそ40分。あっという間に完成しました。
c0144883_15495184.jpg



職人魂、心構え、職人さん同士の
阿吽の呼吸、創造性、タイミングなど感動することばかりでした。
うわさどおりのスペシャリストの集まりでした。

このような機会をいただきまして、
「まいあめ工房」さんをはじめ、スタッフの皆様に心より御礼申し上げます。


※注)「Medisere SCHOOL Life」に動画をアップしています。
   あわせてご覧ください。
   動画はこちら。 



学生さんへ
国試当日に配布しますので、
合格への思いが詰まっているこのアメを是非手にがんばってください。

みなさんの合格を心からお祈りしています。


c0144883_1664244.jpg



Medisere SCHOOLスタッフ一同
[PR]
by Medisere | 2010-02-24 16:20


<< しゃっちょうを見た!シリーズ ... 薬の神様来る >>