Medisere GP(グランプリ)シリーズ開幕 その4

こんばんは。
病態生理・薬物治療担当の川上(絢)です。

メディセレ最速の職員は誰なのか?



この問題に決着をつけるべく
年末27日、28日にメディセレ職員(ほぼ)全員で
舞洲サーキット場
へ行って参りました。



舞洲旅行1日目は、陶芸UNOをして過ごしました。

そして、この陶芸で作成した作品が焼き上がり、本日メディセレに到着いたしました。
われわれ講師陣が作成した作品の焼き上がりは一体どうなっているのか、
わくわくしますね。
c0144883_20363774.jpg

しゃっちょうもわくわくです。
c0144883_20394627.jpg

しゃっちょうのコーンスープ飲むやつの出来映えはいかがなものでしょう。
厳重に梱包された包装を開けて見ると…
c0144883_20491299.jpg

素敵なコーンスープ飲むやつが完成しているではありませんか!
c0144883_1519334.jpg

あのデカすぎた取っ手も陶芸の先生の手によっていい感じに修正されてます。
もう一つ作成した抹茶茶碗にはやや不満そうです。
c0144883_20572010.jpg

乾燥させて焼くと抹茶が点(た)てられないほど縮んでしまいました。


では…
ブログを読んでくれている学生から、
「しゃっちょうのコーンスープ飲むやつが早くみたいです。」
とのメールをいただいております。
と、ゆーことで
コーンスープ飲むやつでコーンスープを飲んでいただきましょう。





c0144883_2124747.jpg

c0144883_2181574.jpg




そして、こちらが…
c0144883_21285365.jpg





これでメインイベントは終了です。
この後はメディセレメンバーの作品を一点一点紹介していきましょう。
c0144883_2130375.jpg

作品No.1 物理・薬剤横田氏のお皿
特にコメントのしようのない、お皿として無難な仕上がりです。
c0144883_21314218.jpg

引き続き、横田氏のコップ。
表面上はまたしても無難なコップですが、中を覗くと…
c0144883_2133042.jpg

ねずみーランドを経営する企業から
著作権侵害で訴えられかねない仕上がりとなっています。



c0144883_21385162.jpg

作品No.2 治療担当沓掛講師のマグカップ
なかなか個性的なフォルムでいい感じに仕上がっていますが、
釉薬(うわぐすり)の選択を間違ったのか、ザラザラした感触です。
飲み口もザラついており、飲むたびに不快感が生じる一品。
さらに写真ではわかりにくいのですが、座りが悪く、ガタガタします。
彼の不安定な体調を表現しているかのようです。



c0144883_214223100.jpg

作品No.3 実務担当松阪講師「何に使おうかな?」
用途不明の容器

ラーメンを作るには小さすぎ、湯飲みとしてはややでかすぎる…
未だに用途が決定されない焼き物。
帯に短したすきに長しといった作品。
沓掛講師同様、茶色の釉薬を選択したためザラついています。
湯飲みとして使用すると分厚すぎる飲み口に、
ザラつきが加えられています。
これまた、飲むたびに不快感が生じる一品。



c0144883_21485923.jpg

作品No.4 物理担当藤井講師
カレーのルーそそぐやつ

注ぎ口が低いため、残念なお知らせですが、これは
カレーのルーこぼれるやつ
ですね。
おそらく作品の乾燥中に注ぎ口が垂れてきたのでしょう。
地球の重力を感じ取れる一品です。



c0144883_21553796.jpg

作品No.5 大阪事務 淳さんの桃型抹茶茶碗
釉薬を青色にしたため、と気付いてもらえない作品。
乾燥させ、焼き上げると意外に縮んでしまい、サイズは小振りです。
抹茶が点てにくい抹茶茶碗。



c0144883_21595916.jpg

作品No.6 薬理・生化担当涼さんのどんぶりばち
ご飯をたくさん食べたい!という欲望から生まれたどんぶりばち。
しかし、乾燥と焼上げにより縮み、ご飯が大盛りにできない感じ。
お代わりを何度もしていただきましょう。



c0144883_2234644.jpg

作品No.7 薬理担当安冨講師(めがね)のマグカップ
おそらく、今回最も個性の無い、没個性な作品。
数学偏差値 90、美術2(5段階評価)のセンスが遺憾なく発揮された作品。
その没個性をカバーするかのように作品の裏には、あのマークが…
c0144883_2263919.jpg




c0144883_2273830.jpg

作品No.8 治療担当川上(絢)
抹茶茶碗兼煮物入れ

人のことばかり言ってはおれません。
こちらが私の作品。本当は抹茶茶碗を作りたかったのですが、
縮んでしまい底の浅い作品となりました。
「蓮の葉をイメージした。」と言っているが、実はウソ。
作っているうちに蓮の葉のようになっただけ、な作品。
「手びねり」という手法を遺憾なく発揮した、指の跡が満載の作品です。



c0144883_22155794.jpg

作品No.9 薬事法規担当川上(尚)茶碗?
妹ながら、「まあまあやるやん」と言いたい作品。
左右対称にまずまずきれいな円が描けています。
お茶碗にちょうどいい大きさと形ですが、青色は食欲が減退します。
ご飯が美味しくなくなる、ダイエットに最適なお茶碗。




さぁ、全ての方が待っていたあの方の作品…
この作品を見たあるメディセレ生は、
「30歳の大人がやることとは思えない…。衝撃です。」と語ってくれました。
その作品がこちら



c0144883_22193352.jpg

作品No.10 有機化学担当園部画伯 無題
中心の茶色い物体は取り外し可能です。
こちらの食器で、是非ともカレーを食べていただきたいです。
そしてもう一つ、園部画伯のオリジナルキャラクター
あごーん
c0144883_22215650.jpg

爆発するかもしれなかった彼…
ひっそりとたたずむ彼…
凡人には理解不能の世界観をもつ園部画伯。
あごーんには着脱可能なかつらを作成しようと思います。



現在個性的なこれらの作品はメディセレ大阪校に展示中です。
よろしければ見に来て下さい。
c0144883_2228299.jpg




陶芸で学んだこと、食器を作るというのはものすごく難しい。
既製の食器ってすごいんだね!



今日はこの辺で…。メディセレGPの決勝戦の模様はまた次回のブログでアップします。
[PR]
by Medisere | 2010-02-13 22:28


<< 薬の神様来る 直前講習会始まる! >>