Medisere GP(グランプリ)シリーズ開幕 その1

こんにちは。
大晦日です。
病態生理・薬物治療担当の川上(絢)です。



メディセレ最速の職員は誰なのか?



この問題に決着をつけるべく
年末27日、28日にメディセレ職員(ほぼ)全員で
舞洲サーキット場
へ行って参りました。


第1回Medisereグランプリin 舞洲(舞洲)の開幕です。
まずは、今夜のお宿「ロッジ舞洲」の正面玄関にて記念撮影です。
c0144883_1032568.jpg

右上の黒木講師は、仕事納めに新型インフルエンザに感染するというありえないアクシデントにより自宅待機です。
この笑顔がむなしいですね!
笑いの神の異名を取る小倉講師と東京校事務の青砥さんは、
東京校冬期講習会最終日のため仕事です。
この日の深夜に合流します。


レースは明日、今日はGPレースに向けとりあえずみんなで陶芸です。
(なぜ陶芸なのか…ツアーコンダクターの江頭2:50こと沓掛講師にお尋ね下さい。)
全員陶芸教室へ移動。
c0144883_10411552.jpg

陶芸にかなりテンション↑↑なメディセレ職員。
今回の陶芸では、印象派の児島しゃっちょう、
講義で不可解なイラストを披露する園部画伯の作品が楽しみです。

陶芸館にはいると、すてきな作品が展示されています。
c0144883_10464788.jpg

どのような作品にするのか、展示品をお手本にイメージを膨らませます。
大阪だけに、かなり大阪色の強い作品が多いですね。
c0144883_10481590.jpg

園部画伯のイメージも固まったようです。
c0144883_105227100.jpg

はい、はい、こんな置物が作りたいのですね。
園部画伯テンション↑↑↑↑です。
われわれの芸術作品を生み出す工房はプレハブちっくなこちらの建物。
c0144883_1412823.jpg

ここで数々の芸術作品が生み出されます。
今回の陶芸はこういうの(電動ろくろ)
c0144883_144405.jpg

ではなく、手びねりです。
粘度を紐状にして、それを積み重ねていく技法を使います。
c0144883_1474421.jpg

電動ろくろでなかったことにややがっかりしたメディセレ職員ですが、
手動のろくろにテンション↑↑






c0144883_14134472.jpg

とても大人げないMedisere職員、
「ちょっと恥ずかしいですよね。ね、しゃっちょう?!」
c0144883_14155133.jpg

ええええ!しゃっちょうも前髪を上げて臨戦態勢!
そしてうれしそう。
早くもまとまりを失いかけていたメディセレ職員に「手びねり」の説明が始まりました。
c0144883_14204965.jpg




てゆーか…
先生、ふつーやん!



陶芸と言えば、こういう先生が出てくるはず。
そして、作品が気に入らなければそれを地面にたたきつけて割る…。
c0144883_14243550.jpg

故森繁久彌(もりしげひさや)のような先生を想像していた私はテンション↓。

ですが、さすがは大阪の陶芸教室です。
c0144883_14363655.jpg

などという脱力ギャグを挟みつつ、「手びねり」を説明。


しかーし!
真剣すぎるMedisere職員はこのギャグを完全にスルー。
c0144883_14362435.jpg

仕事でも見せたことのないほど真剣なまなざしです。
若干、顔が恐いです。
c0144883_14463858.jpg

といいつつ、茶碗を作成する先生。
が、
c0144883_1447424.jpg

またしても完全にスルー。
「なんでやねん!」の一言すらありません。
説明が終了したら、いよいよ作品の作成に移ります。
さらに会話が無くなる職員一同。
c0144883_14562391.jpg

安冨講師は自分と同じ色のコーヒーカップを子細に観察し、作品の参考にしています。
c0144883_14533043.jpg

c0144883_14585051.jpg

園部「藤井君、それなに?」(藤井講師の作品を指さして)
藤井「あ、カレーのルーそそぐやつです。」
園部「・・・・・・。」
c0144883_14595261.jpg

横田講師はお皿を、倉元講師はご飯をおいしく食べるためのどんぶりを作成中。
c0144883_1584084.jpg

大阪校事務担当の倉元淳さん(生化・薬理担当、倉元涼講師の姉)は
出身地岡山県をイメージして、桃型の抹茶茶碗を作成!
c0144883_15142162.jpg

松阪講師は、湯飲みでしょうか?
c0144883_15124713.jpg

でかくない?
そして、分厚すぎひん?
しかし、本人はやたら満足気なのでこれでよいのでしょう。


そして、しゃっちょうは…
川上(絢)「先生は何を創ってはるんですか?」
しゃっちょう「コーンスープ飲むやつ」
川上(絢)「コーンスープじゃないとダメなんですか?」
しゃっちょう「うん。コーンスープ。」
作品作りに没頭するあまり、返事がおざなりなしゃっちょう。
川上(絢)「・・・・・・・・。」

コーンスープ飲むやつに取っ手を付けるしゃちょう。
c0144883_1519334.jpg

取っ手、でか!
c0144883_1520820.jpg

コーンスープ飲みにくいですよね…。
と、忠告する私を完全に無視。
コーンスープ飲むやつの作成に没頭するしゃっちょう。



印象派のしゃっちょうと同じくらい作品が気になる園部画伯は…
あれ、最初と作品がかわってませんか?
c0144883_15262690.jpg

そして、オプションアイテムを配置する園部画伯。
c0144883_15271851.jpg

こ、これは…
小学校低学年以下の発想!
c0144883_15285344.jpg

すばらしい粘度の無駄遣い。
資源の無駄遣い。
燃えないゴミ。




ここで問題が!
今回の陶芸教室では、一人2作品までという制限付き。
もう一つ作品を創りたい園部画伯は、陶芸教室の方に必死で交渉。
これは
c0144883_15321166.jpg

こうすることで、一つの作品なんです。
c0144883_15322550.jpg

しかし、園部画伯の必死の訴えは笑顔で却下されました。



そこで、オプションアイテムは、藤井講師が作成したことにするという
先輩風をふかした解決策によりクリア!
園部画伯はもう一つの作品を作成。
園部画伯がどうしても創りたかったもの。
c0144883_15384883.jpg

c0144883_1558517.jpg

急ピッチで作業を進めた結果、10分弱で完成しました。


面長な園部講師オリジナルキャラクター
あごーん
c0144883_15575231.jpg

c0144883_1691951.jpg


ここでまたしても問題が…。
c0144883_16133637.jpg

ええええ!
このまま焼き上げると中の空気が膨張し、爆発するため木っ端微塵に…
燃えないゴミ。
ですが、先生が中をくり抜き、穴をあけてくれるそうです。
安心した私たちは帰路につきました。
c0144883_1629191.jpg

c0144883_16331587.jpg

この後は夕食です。


ちなみに、作品はこれから乾燥させて窯で焼き上げます。
完成は2月上旬。
1月末の模擬試験の結果が出る頃に完成です。
模擬試験成績上位者への賞品としての贈呈を考え中です。

つづく…
[PR]
by Medisere | 2009-12-31 16:34


<< Medisere GP(グラン... 冬期講習会アンケート >>