しろいねこ

こんにちは。
大阪校事務の合内です。

先日、招待券を頂きましたので、そごう神戸店で開催されていた
「Girlish Culture ハローキティ展」に行ってきました。

c0144883_1450464.jpg



ハローキティは1974年に誕生し、今年35周年を迎えます。
『キティと一緒に育まれた「かわいい」は日常生活に溶け込み、それはまさしく「Girlish Culture」そのものになっています。
大人の女性たちがいつまでも持ち続けたいという少女性=ガーリッシュな気持ちの変遷を、
ハローキティを通して読み解く』というもので、
大人の女性たちに向けた展覧会です。





展内には、1978年を軸に発売された文房具、ランチセット、家電製品など
キティグッズであふれていました。



c0144883_14333985.jpg





c0144883_14514457.jpg




一緒に行った幼なじみの友達と「懐かしい~!」「これ持ってた!!!」
と童心にかえり、ワイワイ♪しながら展内を見て回りました。

キティちゃんは私が小さい頃から、気づけばそばにあるものでした。
ハンカチ、タオル、鉛筆、筆箱、給食袋、お道具箱などなど。

既に給食袋やお道具箱という響きが懐かしいです。


c0144883_14352529.jpg




このピンク・ハローキティなんかは私が小学校高学年~中学校頃ものすごく流行りました。

90年代後半にキティラーという言葉が流行りましたが、みなさん覚えていますか?
アムラーやシノラーという言葉も同時に思い出しました・・・。
もう10年以上前になるんですね。懐かしいと共になんだか切ないです。

キティちゃんを振り返ると自分の幼少の頃、小学生、中学生の頃を思い出します。
それだけキティちゃんと共に時代を過ごしてきたわけですね。
見事にキティちゃんは日常生活に溶け込んでいます。

みなさんもこれを見たら、聴いたら小さい頃を思い出すっていうものが
何かしらあるのではないでしょうか?
男の子だとガンダムやビックリマンシールやドラゴンボールでしょうか。
私が小学生の頃、これらが男子の間で大流行でした。


たまには昔を思い出し、振り返り懐かしむという事も良いものですね。
ブログを書きつつ、しんみりしてきちゃいました。






展示しているのはこうした昔なつかしグッズだけではなく、




c0144883_1436595.jpg




35体限定の「ハローキティ純金フィギュア」



1,200,000円!!(税込み)




しろいねこ、金になる。







ほかに、



c0144883_14373599.jpg



ダイヤモンド1個、ホワイト・トパーズ1,939個、ピンク・サファイア403個など、
計2,346個の石を使った「スーパー・ハローキティ・ジュエルドール」


15,750,000円!!!(税込み)



しろいねこ、輝く。








その他、様々なブランドとコラボしたぬいぐるみキティなども展示してありました。
キティちゃんは本当に色々なものとコラボしていますね。
人気者の証でしょうか。
※メディセレはキューピーとコラボしています。




ちなみに、この「Girlish Cultureハローキティ展」の入場料金は
一般700円、大学・高校生500円、中学生以下無料だそうです。

私は無料で頂いたチケット(非売品)で行ってきたのですが、


c0144883_14525786.jpg




なんとネットオークションで出品されているのを発見!!してしまいました。



開始価格1円、  落札価格10


にて終了していました。
入札件数は1件です。




なんと・・・なんということでしょう・・・。




それでいいのか出品者!それでいいのか落札者!
なんとも複雑な気持ちです。


興味のある方はぜひ行ってみてください。→こちら
[PR]
by Medisere | 2009-09-29 15:13


<< 木曜ワイド劇場の真相 北町後梃子だんじり用語☆其之壱 >>