セルフカウンセリング技法 「眠れない」

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。
さて、この時期、もう一つ良くある相談に
「眠れないんです・・・」

わかります。そうだよね。
私も眠れない時期がありましたので、よぅ~くわかります。

眠れない・・・
と思えば思うほど眠れない・・・。
悪循環です。最悪です。つらいです。身体もしんどいです。
そんなとき、私は魔法の言葉に出会いました。
「目を閉じて、じっとしていれば、寝ていると一緒だよ。」

そうなんです。眠れないからと焦って何度も寝返りを打ったり、
何で眠れないの!とイライラしたり、
いっそのこともういいやと起きたりしてしまうともう1日のバイオリズムが狂いまくります。
これがよくないのです。
そこで、睡眠というモノを考えてみましょう。
何故眠らなければならないのか?
身体を休める
この為です。

「目を閉じて、じっとしていれば、寝ていると一緒。」
そうなんです。
頭が勉強や不安で興奮していて、なかなか休まらないのは仕方がないこと。
だからといって横にならなければ、身体を休めていないことになります。
すると、倒れてしまいます。
「目を閉じて、じっとしていれば、寝ていると一緒。」
寝ないと、寝た「気」がしないんです。
それでみなさんはどんどん焦って、さらに眠れなくなります。
でも、目的は?
身体を休めること。
ということは
「目を閉じて、じっとしていれば、寝ていると一緒。」なんですよね。
眠れなくてもいいんですよ。身体が休まっていれば。
この時期、1日10時間寝ています!
こんな告白、余計私は心配しますから。
私もみんな、大丈夫なんだろうかと、何にもしてあげられないくせに、眠れなくなりますから。
大丈夫、私も一緒に眠れていませんからね。
みんなが寝るまで起きていますよ。
[PR]
by Medisere | 2009-02-12 17:32


<< カウンセリング技法~悩み相談~ セルフカウンセリング技法その2 >>