衝撃の告白~冬休みの過ごし方

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。
さて、ついにメディセレにも冬休みがやってきました!
実家に帰った子もたくさんいますので、大丈夫でしょうか・・・・。心配です。
そんな中、メディセレスクール生の1人が私の所に・・・
「先生、今いいですか?」
「いいよ。どうしたの?」
「先生、私、薬剤師になることにしました!」
「は?」
「私、ずっと薬剤師になりたいと思えずに大学中は悶々として、6年もいました。
でも、しゃっちょうの話や、メディセレの就職セミナーで企業さんと話したり、見学に行ったりして、やっと薬剤師になろうと決心できました!」
非常に良い笑顔です。しかし・・・
「え~と、メディセレスクールはいつから始まっていたっけ?」
「えへへ」
・・・衝撃の告白です。
この数ヶ月・・・・いや、何も言うまい。彼女は笑顔なのだから。
「ま、今決心がついてくれて良かったよ。先取り6年制をやった甲斐があるってもんだよ。
3月にやっと決心ができました!って言われていたら、遅いね~ん!と即つっこんでいたよ。
よかったよかった。ギリ有意義な冬休みが過ごせるよね。」
「はい。私頑張ります。」
・・・笑顔です。
しゃっちょうも笑顔ですが・・・複雑な笑顔です。おもしろい子です。きっと良い医療人となることでしょう。
彼女の検討を心より願います。

そして・・・まだスタートを切っていない方に朗報です。
そう、今なら未だ間に合います。
今年の国家試験は新設大学が6大学卒業生が出ます。単純に定員通りだと920名の受験者が増えます。激戦が予想されますが、この冬休みを有意義に過ごしてください。
そうすればまだ、間に合います。

欲張らないでください。全てやろうと思わないでください。残念ながら無理です。
だから、優先順位を決めてください。
この冬休みは不得意科目を克服することに集中しましょう。
卒業試験も国家試験も満点取る必要はないのです。

薬学生の検討を祈ります。
[PR]
by Medisere | 2008-12-27 18:15


<< ゴロ ~ゆかいな仲間達編~ メディセレスクール生に愛の手を >>