薬剤師の就職前線

こんにちは。
 しゃっちょうの児島惠美子です。

 「世界的な金融危機など経済情勢の悪化で、大学生の企業への採用内定が取り消されるケースが相次いでいる」と新聞が報じています。これから就職活動の時期を迎える3年生も危機感を募らせており、就職支援会社には「つぶれない企業の見分け方を教えてほしい」などの相談が寄せられているという、ちょっとさみしい話がたくさん耳に入ってきます。
 採用状況が厳しくなり始めたのは米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻した9月ごろから。企業の秋採用は例年より縮小傾向で、不動産会社や建設会社などからの内定取り消しが目立つとのこと。(時事通信より)
 リーマンブラザースの例のように、「大きい会社だから潰れない」という話はもう、通用しなくなりました。
 先週、MBAでIBM企業分析を学び、その時にパナソニックが三洋を買収したら?という仮想経営戦略を議論していましたら、本当に昨日、パナソニックが三洋を買収するという記事を見て、びっくり。仮想だったのに・・・。本当に何が起こるか分からない時代ですね。

 さて、こんな世の中ですが、薬剤師は不況に強い!
ありがたいことに、今でもメディセレには薬剤師さんを採用したいと言って来て下さる薬局さんや病院、企業さんがたくさんあります。
 嬉しいことに、メディセレには薬ゼミ時代の教え子もたくさん顔を見せに来てくれます。そこで、仕事上の相談や転職相談を受けています。それだけに私のところには企業さんの内部情報がいっぱい集まります。現場の話を聞き、私なりに企業分析しています。それらを参考に、転職の相談に乗ります。最近は大学の就職課の先生まで、「児島さん、内部情報に詳しいんだってね。どこに学生を就職させたら良いかなぁ」とご相談してくださいます。
 そんな中、上記のように内定をもらっているメディセレスクール生や昔の教え子の薬剤師さんが、「先生、うちの薬局、ぶっちゃけ大丈夫ですか?」という質問が激増しています。苦笑。
 でもね、みなさん">「薬剤師」になっていれば、万が一所属する企業がつぶれても、「なんとかなります。」
 だから、すでに薬剤師の方は社会で自信を持って、活躍してください。
そして、薬学生は心配することなく、薬剤師になるために勉強をしましょうね。無事薬剤師になれれば、不況知らずです。
 先日、あるテレビ番組で親がなってほしい職業の第3位が薬剤師でした!ぱちぱちぱち~
だから、薬剤師になれただけで、「親孝行者」ですよ!
 また、職業別年収一覧でも、薬剤師は好位置をキープ!
 ということで、みんな、未来は明るいぜ!がんばろう!!
ちなみに、一番給与の高い職業は・・・「アメリカ大統領」7300万円なり。
「日本総理大臣」は4165万円。
生涯給与トップ(7億4717万円)の企業は「キーエンス」。(プレジデントより)
実はメディセレスクール横の公園を挟んだお隣さんなんです。だから横の公園はメディセレスクール生と日本一給与の高いキーエンス社員が、お昼のひと時を一緒に過ごしております。

 さて、11月7日(金)16時から「メディセレ就職セミナー」があります。薬局、病院、製薬メーカーの方々が一同に来てくださいます。
 先日、「メディセレスクール生ではないのですが、参加してもいいですか?」とか、「すでに薬剤師ですが参加してもよいですか?」「就職相談をしたいので、参加してもよいですか?」とご連絡を頂きました。もちろん、参加ご希望の方は大歓迎です。ただ、かなりの混雑が予想されますので、事前にメディセレまでお電話くださいませ。もちろん、参加費は無料です。
 また、就職相談が最近激増していますので、就職先決定の極意も伝授してあげますから。
「11月7日は用があって来れないのですが、もうないのですか?」というお問い合わせも頂きました。国家試験終了後の3月にも就職セミナーを実施いたしますので、ご安心を。3月の時は昨年度もやりましたが、マナー講座をやってから就職セミナーをします。今年は役に立ったと大好評だったマナー講座ともう一つ、更に皆さんのお役に立つイベントを企画しておりますので、お楽しみに。もちろん、3月も参加無料です。
http://www.medisere.co.jp/
[PR]
by Medisere | 2008-11-02 20:58 | 教育


<< 食べる 勉強の基本!「記憶」 >>